ビットコインとイーサリアムが基軸通貨か?ICOやアルトコイン購入に使われている

基軸通貨

 

ICOやアルトコイン購入に使われているビットコインとイーサリアム

 

仮想通貨についてあまり詳しくないという方であれば、それこそコンビニでAmazonギフト券を購入するのと同じような感覚で仮想通貨を購入できると思っているかもしれません。要は、日本円から直接仮想通貨が購入できるイメージです。

 

しかしながら、仮想通貨の購入というのは結構面倒です。日本円などの法定通貨で仮想通貨を購入し、その購入した仮想通貨で別の仮想通貨を購入するといった形になるのです。もちろん、仮想通貨の種類にもよります。

 

仮想通貨を購入するための仮想通貨というのは、やはり仮想通貨の中でも特別なものですし、それこそ基軸通貨といっていいでしょう。それに相当するのがビットコインイーサリアムなのです。

 

実際にビットコインやイーサリアムはICOアルトコインを購入する際に使われているのです。

 

極端な言い方をすれば、ビットコインやイーサリアムを持っていないと好きなように仮想通貨の取引を楽しめないということです。仮想通貨においては、ビットコインとイーサリアムが中心となっていると言っても過言ではないでしょう。

 

仮想通貨における基軸通貨は変わる可能性もある

 

少し前までは仮想通貨における基軸通貨というのは、ビットコイン一択でした。実際に、そういった部分は今でも大なり小なりあるでしょう。

 

しかしながら、ビットコインが基軸通貨だった頃から状況が変わり、現在ではその基軸通貨にイーサリアムも加わるようになったのです。これと同じようなことが今後起こり得るとも言えるでしょう。

 

つまり、今は仮想通貨における基軸通貨がビットコインとイーサリアムになっていますが、さらに他の仮想通貨が加わってくる可能性もありますし、逆にビットコインとイーサリアムが基軸通貨でなくなってしまう可能性もあるのです。

 

仮想通貨というのは流動的なものですので、基軸通貨に関してもこれから先どうなるのかは誰にもわからないのです。

 

ただ、基軸通貨がその他の仮想通貨に大きな影響を与えるという部分に関しては変わらないでしょう。流動的な仮想通貨だからこそ、今後の基軸通貨がどう変わっていくのか楽しみに思えるのではないでしょうか?

 

今保有しているマイナーな仮想通貨が基軸通貨になったら、今後大きな利益が出る可能性だってあるのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム