純金とビットコイン、資産保有はどっちが有利?

ゴールドとビットコイン

 

資産運用は純金の時代からビットコインの時代へ

 

資産には土地や建物などの不動産を始め、さまざまなものがありますが、資産価値を保有する手段として最もよく利用されているのが純金です。金は紀元前から通貨として使われており、金を世界的な通貨とする金本位制が1970年代まで続いていました。

 

現在は金本位制は崩壊したものの、依然として金の資産価値は高く、世界各国の中央銀行でも財政破綻に添える準備資産として多くの金を保有しています。

 

個人の投資家からも金の人気は高く、普遍の資産価値をもつ投資として金を保有する人が少なくありません。しかし近年、仮想通貨の台頭によりビットコインの資産価値に注目が集まっています。

 

金は古代から資産価値の高い貴金属として世界中で活用されており、金が通貨として日常的に使われている例も枚挙に暇がありません。しかし金は重く、かさ張ります。

 

このため持ち運びにくく、保管するためのスペースも必要です。また、分割しにくいというデメリットもあります。現代は何事もスピードが重んじられ、迅速な取り引きが求められます。

 

このような時代では、重くてかさ張り、分割しにくい金は使い勝手が悪いのです。

 

ビットコインは、これら金が持つ課題を解消する資産として注目を集めています。しかしこれまでの仮想通貨は、サイバー犯罪のリスクが高く、安全面での不安がありました。

 

このため金とビットコインのどちらが、資産を保有する最良の手段であるか、悩ましいというのが現状でした。しかし、仮想通貨を取り巻くソリューションは劇的に進化しており、サイバー犯罪に対するセキュリティー面での安全性が高まっています。

 

価値が下がりにくいビットコイン

 

ゴールドとビットコイン2

 

まず金とビットコインの違いについて着目してみましょう。金とビットコインの大きな違いは流通量です。

 

資産の価値は、需要と供給によって上がったり下がったりします。例えば東京・銀座の土地は1坪でも1億円超ですが、交通の便が悪く誰も足を踏み入れない原野や山林などの土地の坪単価は二束三文です。

 

これは銀座の土地には限りがありますが、それを上回る莫大な需要があるため、希少価値が高くなっている証拠です。

 

では、ビットコインはどうでしょうか。ビットコインの発行総数は2,100万BTCと決められています。これに対して金の埋蔵量は、詳しくはわかっていません。

 

ただ、今後掘り出されるであろうと予想される金の埋蔵量は、6万から7万トン程度とされています。予想通りであれば金の方が量が少なく、希少価値が高いといえます。

 

しかし、新たな金鉱脈が見つかればどうでしょうか。金の量が増えて希少価値は下がるでしょう。

 

一方、ビットコインは、総発行数の上限があらかじめ2,100万BTCに限定されています。新たな金鉱脈の発見など突発的な価値下落のリスクがほとんどないため、将来的に見るとビットコインの価格は右肩上がりに上がっていくと考えられるのです。

 

スピーディーに運用でき、分割しやすいビットコイン

 

bitcoin

 

金は普遍性の高い金属ですから資産価値が高いのですが、重くてかさ張りますし非常に柔らかい金属なので持ち運びにくい、保管にコストがかかるなどのデメリットがあります。このため、日常的に用いられることが少なくなりました。

 

2018年10月1日時点の金の価格は、1グラム当たり4,754円でした。金を流通手段にする場合、4億7,000万円を支払うためには100キロ以上もの金を用意しなければいけないことになります。

 

企業や政府による国際間での通貨取引では、何十億ものお金のやり取りは日常茶飯時です。47億円の支払いには、1トン以上もの金を動かさなければいけない勘定になります。

 

金を使った取引は、現実的とはいえません。このため、金を流通手段とする時代はすでに終わりました。細かく分割するのが難しいので、使いにくいというデメリットもあります。

 

この反対に位置するのが、ビットコインです。ビットコインはデジタルで流通する仮想通貨です。現実のものではありませんから、重量はありません。また、少額支払いを前提に作られており、分割も簡単です。

 

ビットコインは小数点以下8桁の0.00000001BTCにまで分割可能です。さらに世界中のどの場所に送金しても、手数料が低く、スピーディーに決済が行えるのも魅力です。

 

このようにメリットの大きいビットコインに対する唯一の不安は、安全面ではないでしょうか。しかし近年は、ブロックチェーンの技術が躍進的に進歩しており、取り引きのプロセスの透明化が実現しました。

 

取り引き開始から完了までのどの過程においても、不正行為の有無の確認が可能となり、安全面での心配が非常に低くなっています。

 

すぐに現金化できるビットコイン

 

金とビットコインでは、流動性にも大きな違いがあります。世界中で金を所有している人は多いのですが、そのすべての人が、実際に金塊を持っているわけではないのです。

 

金は投資の対象となっており、COMEXという商品取引所を通して先物取り引きされています。また、投資信託などを利用して金の投資している人も少なくありません。

 

これらの取り引きでは現物による受け渡しは行われず、書類上のみで金が保有されます。手元に現物がないので、すぐに現金化するのが困難、現金化の際に手数料などのコストが発生するなど、流動面で劣るという問題もあるのです。

 

一方、ビットコインは仮想通貨取引所のネットワークを通じて、いつでもどこででも、手軽に現金化できるのが特徴です。この優れた流動性は、スピーディーな決済が求められる現代において、何よりも大きな価値があるといえるでしょう。

 

ビットコインと金を比べると、ビットコインの方が長期的に安心して保有できること、世界中で手軽に利用できるスピーディーな取り引きができ、手数料のコストも低いといった利点が挙げられます。したがって金の保有に比べて、ビットコインでの保有の方が資産価値を維持できる有利な方法といえます。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム