ビットトレード解説 メリットとデメリット・評判 口座開設方法

ビットトレード トップ画像

 

ビットトレード(Bit Trade)は、FX業界の老舗ビットトレード株式会社が運営する安心の金融庁登録業者の取引所です。タレントの小島瑠璃子さんが公式サイトに起用されています。

 

比較的新しくできた仮想通貨取引所で、2017年9月29日に金融庁の仮想通貨交換業者に登録されました。金融庁の登録業者ということで、安全・安心の取引できる環境にあると言えます。

 

例えば通貨の流出騒動があったコインチェックでは、金融庁の仮想通貨交換業者に登録されていませんでした。いかにこの登録が大事なことであるかが分かる出来事でした。

 

【 BitTrade ビットトレード 】

取り扱い通貨

ビットコイン ビットコインキャッシュ イーサリアム リップル ライトコイン モナコイン
セキュリティ詳細 二段階認証 マルチシグ コールドウォレット

セキュリティ

取引手数料

使いやすさ・操作性

 

公式サイトはこちら

 

 

 

ビットトレード徹底解説

 

ビットトレードの特徴

 

安全性のほかに、仮想通貨を取引するときに気になるのは、その手数料です。ビットトレードでは手数料は他の取引所に比べて安くはありませんが、売値と買値の差額であるスプレッドは低く抑えられています。

 

というのも、ビットトレードでは販売所がなく、6種類の通貨ペア全てユーザー同士が売買する取引所でのトレードになります。販売所では取引手数料が5%前後に設定されているのに対して、ビットトレードではほとんど存在しないと言っていいほどです。

 

そのため総合的に見ると、取引にかかる手数料は平均水準か平均以下と言えるでしょう。

 

仮想通貨の種類も取引ツールも充実

 

ビットトレードが選ばれる理由

 

ビットトレードなら仮想通貨を代表するビットコインの取引はもちろん、ライトコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュといったものから国内で取り扱いの少ないリップルやモナーコイン(モナコイン)といったものまで、さまざまな仮想通貨で取引をおこなっていくことができます。

 

仮想通貨の種類が多いということは、それだけさまざまな可能性を探ることができるということでもありますので、これも大きな魅力です。

 

また、ビットトレードでは最先端の取引ツールを使用しています。

 

Trade Tool 最先端の取引ツール

ビットトレードのツール

 

白を基調とした見やすく、安心、安全の取引ツールです。買いは緑で、売りは赤といった具合にわかりやすいユーザーインターフェイスによって初心者の方でも迷わずに使っていくことができます。

 

スマートフォン用アプリ「BitTrader」(Android版・iPhone版)

Bit Trader

 

シンプルで機能的なデザインにより直感的に操作ができるように設計しており、資産や購入余力の見やすい表示で即断即決が可能です。

 

セキュリティ面においては、マルチシグ(複数人署名)によるホットウォレットとコールドウォレットの管理体制を構築しています。更にGoogleが提供するスパム・ボット防止認証システム「Invisible reCAPTCHA」を導入しています。

 

ビットトレードのセキュリティ

 

 

ビットトレードのメリット・デメリットな評判

 

ビットトレードのメリットな評判
  • 取引ツールが初心者にも使いやすい
  • 売買画面が「白をメイン」で見やすく高機能
  • セキュリティに力を入れており安心
ビットトレードのデメリットな評判
  • 手数料が高めなので、リップルを買うならビットバンクの方が良い

 

評判まとめ

 

取り扱っている仮想通貨の種類も充実していますのでそれだけで可能性が広がりますし、取引ツールは初心者の方でも安心して使えるような使用になっています。強固なセキュリティで安心して取引ができます。

 

リップルをメインに購入するのであれば、ビットバンクの方が良いでしょう。

 

公式サイトはこちら

 

 

 

口座開設~取引の始め方

 

仮想通貨の取引というと、やはりハードルが高いものというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?しかしながら、ビットトレードであれば簡単に仮想通貨の取引を始めることができます。

 

まず、口座を開設するところからです。メールアドレスでビットトレードに会員登録をします。このとき、口座の開設にお金がかかることはありません。

 

次に、入金です。メールアドレスで会員登録をし、口座を開設したら、入金をおこなっていきます。入金をするにあたっては、日本円での振り込み入金とビットコインの預け入れのふたつの方法があります。もちろん、どちらでも好きなほうを選んでOKです。

 

そして、取引開始です。口座を開設し、入金をしたら仮想通貨の取引をするための準備は完了です。24時間365日、自分のタイミングで仮想通貨の取引を始めることができます。

 

ビットトレードで仮想通貨の取引を始めるまでに難しいことはほとんどないと思っていいでしょう。インターネットを使ったことのある方であれば、問題なくビットトレードでの仮想通貨の取引を始められるかと思います。

 

ビットトレードの口座開設、登録方法

 

ビットトレード 口座開設方法

 

それでは、実際にビットトレードで口座開設を行いましょう。

 

開設する手順は以下の通りです。

 

1.メールアドレス登録
2.パスワード設定
3.本人情報提出
4.本人確認書類の提出
5.二段階認証の設定
6.郵便物の受け取り

 

これらの順に手続きを進めていきます。

 

メールアドレス登録

ビットトレード(Bit Trade)の公式サイトにアクセスしてください。空欄にメールアドレスを入力した後、空欄横の「会員登録」をクリックします。

 

会員登録

 

登録が完了したら、リンクが付いたメールが届きます。もし、数分待ってもメールが届かない場合は迷惑フォルダもチェックしておいてください。

 

メール記載のリンク

 

リンクをクリックすると、パスワードの設定画面に移ります。

 

パスワード設定

次にパスワードを確認も含めて2度入力します。大文字・小文字のアルファベット、それに数字を含めてなるべく複雑な組み合わせにしましょう。誕生日など推測されやすいものは避けるようにしてください。

 

パスワード設定

 

同意欄にチェックを入れて、「登録」をクリックしたら本人情報の入力画面に移ります。

 

本人情報の入力

本人情報の入力では、氏名、生年月日、住所を入力します。すべて入力したら「次に進む」をクリックしましょう。

 

基本情報の入力

 

さらに取引の目的、職業をそれぞれ選択欄から1つ選びます。外国の重要な公人のチェック項目では、首相など外交上の重要人物やその家族でない場合は、当てはまらないにチェックでOKです。

 

基本情報、取引目的、職業

 

「確認」ボタンをクリックすると、基本情報の登録画面が表示されます。ここで間違いがあると、本人確認に時間がかかってしまうので、必ず入力内容に間違いがないことをチェックしてください。

 

入力内容の確認

 

「登録」をクリックで基本情報登録の完了です。

 

本人確認書類の提出

次に本人確認書類のアップロードを行います。

 

本人確認書類のアップロード

 

ビットトレードでは以下の書類が本人確認書類として認められています。

 

・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・在留カード

 

これらの書類から選択し、ファイルをアップロードできたら、「アップロードする」をクリックしてください。

 

書類、ファイルを選択してアップロード

 

これでアップロード完了です。審査は1営業日を目安に行われ、審査が完了すると確認書類が自宅に届きます。確認書類を受け取れば口座開設の完了です。

 

手続き完了

 

2段階認証の設定

 

セキュリティをクリック

 

次に画面左下にある「セキュリティ」をクリックしてください。

 

ここからは2段階設定の説明を行います。仮想通貨の取引所ではハッキングの被害も報告されています。セキュリティを強化するためにも、必ず設定しておきましょう。

 

二段階認証の設定

 

「設定」をクリックするとQRコードが表示されている画面が出てきます。「Authy」や「グーグル認証」などのアプリでQRコードを読み取りましょう。まだインストールしていない方はこの機会にアプリをダウンロードしておいてください。

 

認証コード

 

読み取り後、表示される6ケタの認証コードを入力して、「設定」をクリックすれば、2段階認証の設定完了です。

 

入出金と取引方法

 

最後に入出金と取引について簡単に説明しておきます。画面左にあるアカウントから「入金」をクリック後、各通貨横にある入金ボタンをクリックします。

 

入金方法

 

一方、出金もアカウントの「出金」をクリックした後、各通貨右横の出金ボタンをクリックします。

 

出金方法

 

取引を行うときは、まず画面左上の通貨ペアをクリックします。各通貨ペアが表示されるので、通貨ペアの中から取引するものを選びます。ビットトレードでは、ビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュの中から通貨ペアが作成されます。全部で8種類の通貨ペアから選択することができます。

 

取引方法

 

選んだ通貨ペアが表示されます。今回はビットコイン(BTC)と日本円(JPY)の通貨ペアを選択しました。画面にはチャート、売り板、買い板、注文画面が一度に表示されるので、それぞれを確認しながら、注文を考えていきましょう。

 

注文画面

 

以上がビットトレードでの口座開設方法でした。少し長く感じるかも知れませんが、ひとつひとつ確実に手続きを進めていけば、簡単に問題なく口座開設できるはずです。

 

最後になりますが、仮想通貨のトレードにはリスクが伴います。リスクを考慮して、取引は慎重に行うようにしましょう。

 

公式サイトはこちら

 




関連記事

取引所ランキング・口座開設はこちら
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム