ブロックチェーンが変えてゆく自動車業界

ブロックチェーンと車

 

 

ブロックチェーンが自動車業界に

 

 

ビットコインによって広く世間に知られるようになったブロックチェーン。過去の履歴データを全て暗号化して内蔵しておけるというそのDLT(分散型台帳技術)の長所は、今や様々な分野への応用が研究・実践されつつあります。自動車業界もその1つです。

 

レンタカーや駐車など他人に自動車を預ける際のセキュリティ、キーの安全管理、部品単位での流通の透明性、顧客情報の保管、そして自動運転技術にまでその分野は広がっているのです。

 

自動車部品管理への応用

 

自動車部品

 

自動車製品の安全性・信頼性を高めるにはどうすればいいでしょうか。それはどこでどのように製造され、流通し、メンテナンスされたのかについての透明性が重要です。

 

しかし自動車のように複雑な機械について、各部品のそのような記録を書類で残すようなことは極めて煩雑です。

 

そこでブロックチェーンを基盤に、製造段階から消費者に届くまでの全情報を記録・管理するという方法が考案されています。これにより、PCやスマートフォンで詳細な情報を簡単に調べられるようになります。

 

もちろんこの方式は安全性のチェックだけでなく在庫管理にも応用することができます。

 

自動運転技術革命

 

自動車データ

 

自走車両――最近話題の自動運転技術ですが、当然ながら車を「勝手に」走らせるのですから危険が伴います。サーキットならともかく実際の公道や様々な地形では、本当に多種多様なことが起こります。

 

それに対応するためには膨大な量のデータの蓄積が欠かせないのです。しかしそもそもそのリスクゆえに、実際に自動運転で走行している車は避けられており、なかなかデータの十分な量のデータ収集はできていません。

 

ブロックチェーン技術の応用で、これらのデータを蓄積して管理することによるブレークスルーが期待されています。数多くの自走車両から送信されるデータは、ブロックチェーン技術によって分散管理されます。

 

そのデータは必ずしも1つの企業内の独占物ではありません。それらデータを利用して、場合によっては複数の企業による研究開発を行うこともできるのです。

 

エコドライブ奨励に仮想通貨配布

 

メルセデスベンツ

 

かのメルセデス・ベンツを擁するダイムラー社は、MobiCoinという独自の仮想通貨を発行しています。

 

この通貨は「エコドライブ」を積極的に実践した運転者に配布されるもので、同社製品や、レースの座席チケットなどとも交換することができます(現金との交換制度については未定のようです)。

 

ひとっ走りつきあえよ!未来の車を目指すBMW

 

BMWとブロックチェーン

 

BMW――航空機エンジンメーカーから自動車業界に進出し、ベンツやフォルクスワーゲン、ポルシェなどと並ぶ自動車会社に発展を遂げた、知らない人はいないドイツの有名企業です。

 

1916年に創業し100年以上の歴史と伝統を持つ同社は、さらに新しい技術にも積極的に目を向け続けています。公式サイトでも「将来の技術やサービスの開発」を常に進めていることを謳い、「刺激的かつ豊かなカーライフ」を目指して走り続けています。

 

ブロックチェーン技術による商品管理

 

 「過去のデータの堅実な保存」に優れた技術であるブロックチェーンを、商品流通の安全性・透明性を高めるために使うという発想は、早くから注目されていました。食品と医薬品の流通透明性を謳うAmbrosus(AMB)など、そのためのプロジェクトも始まっています。

 

BMW

 

VeChain Thor(VET)もその1つで、各種の商品の品質証明ができるサービスを提供するブロックチェーン・プロジェクトです。

 

正規品に「NFCチップ」を埋め込むことにより商品情報を管理しているので、「偽物」の判別はスマートフフォンに専用アプリをダウンロードし、対象商品にかざすだけで行えます。

 

真偽だけでなくその流通経路も、生産者情報までさかのぼって確認できるのです。このVeChain ThorとBMWが提携したことで、詳細な製品情報や修理履歴、過去の所有者の特性なども確認可能になります。

 

BMWフィナンシャルサービス・コラボレーションラボ

 

BMWと協力しているもう1つのブロックチェーン企業がBloom(BLT)。Bloomはブロックチェーン技術を用いて、仮想通貨・法定通貨を問わず融資サービスを提供しています。

 

Bloomのモバイル端末用アプリケーションは、融資希望者の個人情報をローカルデバイスで安全管理します。アプリケーション自体の利便性も高く、利用者は簡単に、かつセキュリティの高い方法で融資を受けることができます。

 

このシステムは「BMWフィナンシャルサービス・コラボレーションラボ」という合計6企業が参加しているプロジェクトの一環となっています。

 

carVertical(CV)で自動車情報管理

 

そしていちばん車らしいことをしている関連企業がこのcarVertical(カー・ヴァーチカル)です。走行履歴などの自動車関連情報をブロックチェーン上で管理するのが業務です。

 

カーナビのデータ、事故履歴そして走行履歴などのデータを改ざんできない暗号情報として管理するのに、ブロックチェーンを活用しています。自動車販売の現場に信頼性と透明性をもたらす技術です。

 

ブロックチェーン技術と自動車業界の試み

 

 

ポルシェの試み

ポルシェとブロックチェーン

 

知らない人はいない高級車メーカーの代表格であるポルシェ。財務戦略担当デューリング氏は、ブロックチェーン技術が「自動車をさらに高性能化できる大きな可能性」を持っているとしています。

 

ポルシェでは、AIとブロックチェーンの研究開発を行っているXAIN社の協力を得て、車両へのブロックチェーン技術の実装試験を進めています。ブロックチェーンの使いどころは車のロックです。

 

自動車のEV化が叫ばれるドイツでは、駐車のほかに充電などでも自動車を他の人に預ける必要がある場合があります。

 

ブロックチェーンの活用で、自動車のオーナーは従来以上に安心して管理業者に車を預けられるようになり、鍵の開閉を所有者がアプリでできるようになっています。なお開閉にかかる時間はわずか1.6秒ということです。

 

アウディの試み

アウディとブロックチェーン

 

アウディは、あのIBMのハイパーレッジャーファブリック(Hyperledger Fabric)というブロックチェーン製品上で技術テストをおこない、POC(proof of concept)システムを発表しました。

 

 

アウディが目指すのは、ブロックチェーンを活用して金融や物流関係のプロセスに「安全性」と「透明性」をもたらすこと。

 

金融をさらに包含する国際物流プロセスの全体について、その方法と情報管理を、各部門代表者で構成された調査チームが研究しています。彼らの専門分野は多岐に及び、IT・物流・金融・製造など様々な観点を持っています。

 

そしてサプライチェーンの効率化・データ転送のセキュリティ・エネルギー供給管理などを改善するブロックチェーンの各種ケースを検討しているのです。

 

財務責任者ディトマイヤー氏は「25年以上前のインターネット同様」に、新しいチャンスを開く技術としてブロックチェーンを評価しています。

 

メルセデス・ベンツ/ダイムラーの試み

メルセデスベンツとブロックチェーン

 

仮想通貨そのものを発行しているのがダイムラー社。「MobiCoin」がダイムラーの発行するアルトコインです。プロジェクトの開始は2018年2月。

 

入手方法は「エコドライブ(環境に優しい運転)」を実行した人々に対し、その報酬として支払われるというもので、エコドライブの普及活動として考えられています。環境保全に熱心なドイツらしい試みです。

 

MobiCoinは同社製品のほか、レースのVIP席チケットなどとも交換できるようになるとか。ただし、現金との交換可能性については現時点で未定との事です。

 

ドライブ

今後のブロックチェーン技術の研究開発に推進する、自動車メーカーに更なる期待が寄せられます。楽しみ~(*^^*)

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム