地方に広がる仮想通貨、熊本のチャレンジ

ブロックチェーン地方

 

熊本ブロックチェーンカンファレンス2018

 

2018年8月3日に開催されたこの会議は、開催告知が前月という急遽のカンファレンスでした。それにもかかわらず応募者は瞬く間に集まり、200名以上の参加者の高い関心をもって開かれました。

 

ブロックチェーンへの強く深い関心が見られる

 

基調講演は「ブロックチェーン技術が築く地方創世の可能性」(平野洋一郎氏)。講演者と参加者の質疑応答の形式で行われました。有志の参加者による会であるとはいえ、ビットコインブロックチェーン技術について「知っているか」という質問には約半数が知っていると回答し、これは平野氏の予想を上回る数だったようです。

 

バブルとも暴騰とも取れる超高騰や、流出事件のような不祥事によってニュース化されたビットコインですが、人々の関心は想像以上に速く「技術の本質」に向かっていたということが言えるでしょう。

 

しかしさすがに知識までは追いついておらず、平野氏はブロックチェーン技術について概説、また仮想通貨関連でスキャンダルとなっている流出事件やマネーロンダリングなどは、外的な「取り扱う側」の問題であって、ブロックチェーン技術の未来そのものを暗くすることを意味しないことが説明されました。

 

ブロックチェーンを用いたゲームアプリ紹介

 

次に、株式会社Good Luck3の取締役、畑村匡章氏が同社のブロックチェーンを用いたゲームアプリ「Crypto Idois」「くりぷ豚(とん)」などを題材に講演を行い、ブロックチェーンの明るい可能性を話しました。

 

くりぷ豚はいわゆる育成ゲームで、育てた豚型のキャラクターを育成したりお見合いさせることで、3京種以上の多彩なキャラクターを作れるというものです。ゲームとしては昔からあるタイプのものですが、技術的な特徴として、プラットフォーム型仮想通貨(それを材料に新たな仮想通貨やブロックチェーンシステムを作り出せる材料とできる通貨)であるイーサリアムを用いています。

 

畑村氏はブロックチェーン技術によって、将来は企業そのものが現在のような形を取らなくなり、「小さな組織が拡大する世界」がもたらされると考えています。

 

様々な試みの紹介

 

さらには地元スポーツチームのクラウドファンディングにブロックチェーンを用いたICOを取り入れたり、岐阜県飛騨地域の独自通貨について触れるなど、ブロックチェーンと通貨の未来を意欲的に語る、実り多いカンファレンスとなったようです。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム