ブロックチェーンが物流業界に与える影響は大きい

物流

 

日本人にとって食の安全は非常に重要なものです。産地偽装や賞味期限の改ざんが起こればニュースで大々的に報道されることからもそれがわかります。しかし残念ながら産地偽装などの悪質な行為はなくなっていません。

 

しかしそうした食の安全を守るために、さらには食以外の製品の偽物を防ぐために利用できると注目されているものがあります。それが仮想通貨などで有名になった「ブロックチェーン」です。

 

ブロックチェーンで生産から販売までを管理

 

トラック

 

ブロックチェーンで行えると期待されているのが、生産から販売までを一元的に管理することができるというものです。

 

例えば現状ではある食品を生産している業者はそれを卸売業者に販売するまでは管理しますが、その後の管理は卸売業者に任せています。

 

当然卸売業者も輸送業者にそれを委ねれば、温度管理や湿度管理も同時に委ねることになります。こうして産地偽装や賞味期限の改ざん、食品が傷んでいるといった事件・事故が起こっても、いったいどの段階で行われたかがわかりにくくなっているのです。

 

しかしブロックチェーンを使えば食品のみならずあらゆる製品を生産から販売まで一元的に管理でき、生産者から販売業者までがすべての情報を共有できるという大きなメリットが生まれます。

 

その結果、食品の安全性が確保され、さらにはブランド品と偽物との区別がはっきりつくようになるでしょう。ブロックチェーンが物流業界にもたらす影響は非常に大きいのです。

 

ブロックチェーンの確実性

 

ポート

 

ブロックチェーンがなぜ世界中から注目を集めているのか、それはブロックチェーンの改ざんが極めて難しいということにあります。

 

ブロックチェーンは分散型で管理されているため、どこかの一部で改ざんが行われると、他のブロックとの整合性が取れなくなってしまうためすぐに気づかれてしまいます。

 

もし他のブロックでも整合性が取れるように改ざんしようとすると、膨大な量の計算処理を行う必要が出てきてしまいます。したがってブロックチェーンは改ざんがほぼできないといってもいいでしょう。

 

そのため食品やブランド品などの流通過程に組み込めば、商品の安全性を確保することができるのです。さらにブロックチェーンにはスマートコントラクトという技術があり特定の条件を満たすと自動的に契約内容が実行できます。

 

例えば商品がある場所に届いたことが確認されると自動的に支払いが行われるといったことも可能になり、経費削減につながる可能性さえあるのです。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム