「医療」とブロックチェーン 患者の情報をビッグデータに

ブロックチェーンと医療

 

ブロックチェーン技術というとどうしても仮想通貨に目が行きがちです。

 

実際ブロックチェーン技術が最初に用いられたのは仮想通貨ですし、今でもどんどんと新しい仮想通貨が生み出されているからです。

 

しかしすでにブロックチェーン技術は仮想通貨の世界を飛び出して他の業界に進出しています。

 

製造業や不動産業などではすでにその技術が用いられているのです。さらにこれからブロックチェーン技術が大きな影響をもたらすとされているのが医療の分野です。

 

今やあらゆる分野の技術者が血眼になっている技術のブロックチェーン。健康と医療の分野にもそのチェーンは張り巡らされつつあります。

 

 

現在の医療データ管理の問題

 

 

普段病院に行く私たちは当たり前のように受け入れていることなのですが、実は日本を含め世界の医療データの管理は非常に無駄の大きい方法なのです。

 

ある病院で診察を受けるとその病院の診察券を受け取って、その病院に自分の診察履歴・カルテが保存されます。当然その情報は他の病院に共有されることはありません。

 

その結果、他の病院に移るときには紹介状を書いてもらってどんな症状なのかを知らせてもらったり、病歴や薬歴を一から説明する必要が生じます。

 

加えて病院が所有しているデータは患者の同意を得た後はどのように扱われているのか患者に知らされることはありません。

 

ブロックチェーン技術による改善

しかしこれらのすべての問題はブロックチェーンによって解決します。医療機関すべてで医療データをブロックチェーンによって管理することが可能だからです。

 

そうすればどの医療機関も一人の患者のデータを閲覧できるので病歴、薬歴、アレルギーの有無などをいちいち患者に尋ねる必要が無くなります。たとえ遠くに引越したとしても、患者の詳しい情報を病院が得ることもできます。

 

しかも誰が何を閲覧したかは記録に残るので許可を得ていない人がデータを見ればすぐにわかるようになるでしょう。したがって自分の病歴などのデータが漏洩すること、売買されることも防げます。

 

 

データがしっかり守られていることは、患者一人ひとりに大きな安心感を与えるはずです。ブロックチェーンのデータ管理であれば情報を改ざんすることもほぼ不可能です。

 

そして重要なことですが、ブロックチェーン技術を使えば今までは病院任せだったデータの管理を自分で行えるようになります。

 

いつでも自分の病歴や薬歴を確認できるということです。ブロックチェーンによって将来転院などがとても楽になる可能性があるのです。

 

命をつなぐブロックチェーン――再生医療への応用

 

ブロックチェーンと再生医療

 

例の一つが仮想通貨Ambrosus。食品と医薬品の成分や原産国、生産者、流通経路などの情報を記録しておき、消費者に安全で透明性の高い食環境・医療環境を提供することがテーマの通貨です。

 

そしてもちろん、ブロックチェーン技術の健康への応用は流通にとどまりません。

 

STEM CELL COIN発行

STEM CELLとは「幹細胞」のことです。幹細胞とは、自己複製能(自分と同じコピー幹細胞を複製する能力)と多分化能(いろいろな種類の細胞に分化する能力)の2つの能力を持っている特殊な細胞のことで、有名なiPS細胞もその一種です。

 

 

その特性によって、怪我や病気で生体組織がダメージを受けても、幹細胞が新たに適切な細胞を生み出すことで、その組織は再生することができます。この能力を活用するのがいわゆる再生医療です。

 

この再生医療の普及促進のため生まれた通貨がSTEM CELL COINなのです。

 

医療費の仮想通貨による決済を取り入れることで、世界中で再生医療に資金が流入することがSTEM CELL COINの展望です。提携するクリニックで、施術費用はじめ様々な医療費の決済に使用することも可能になります。

 

「再生医療を世界へ」

STEM CELL COINは、STEM CELL PROJECTというより大きなプロジェクトの一環をなしています。医療法人「香華会」が、複数の日本人起業家と協力して始めました。直訳すると「幹細胞計画」。

 

現在、幹細胞を使用した再生医療が行えるのは世界で日本・アメリカ・ドイツ・スイス、そして政府機関のみ可能なロシアを含めてもわずか5カ国に限られます。

 

それだけ幹細胞治療は技術・費用ともにハードルの高い医療なのです。可能な限り、世界中の必要としている人々に幹細胞治療を届けたい、それがプロジェクトの願いです。

 

STEM CELL PROJECT概要

 

プロジェクトにはSTEM CELL COINの他にもプランがあります。

 

「バーチャルクリニック・プラットフォーム構想」は、遠隔診療やAIbot診断、ネット経由のクリニックの検索予約など、オンラインを活用したより便利な医療サービスの充実を進める構想です。

 

「AI・ブロックチェーン技術による画像病理診断システム」は、ブロックチェーン技術により世界中の病院で病理データを共有し、AIによる画像診断・病理診断を可能にするシステムです。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム