ブロックチェーンが音楽業界を変える!

音楽とブロックチェーン

 

アーティストの権利を守るブロックチェーン

 

ブロックチェーンと聞くと、すぐに仮想通貨が思い浮かびます。しかしブロックチェーン技術によって、音楽業界も大きく変わろうとしています。

 

現在、音楽業界は大きな問題を抱えているといわれています。その最も大きな害は、著作権保有者の決定権や利益が少ないことです。著作権は作品の作成者に権利が与えられるものです。

 

しかし音楽業界では、管理団体が強い力をもっており、音楽の使用料などの権限を行使しているため、作曲家など本来の作成者の自由が非常に少ないのが現状です。

 

また、音楽業界ではアーティストが作成した音楽は、レコード会社や芸能事務所などの仲介業者が販売する構造になっており、仲介料が差し引かれて正当な対価が支払われているはいえません。

 

アーティスト

 

このため仲介業者がアーティストを守っているともいえるのですが、その分以上に受け取る金額が低くなっていることは否めません。

 

さらにYou Tubeなど誰もが無料で利用できるネット配信の普及で違法コピーが増加し、お金を払わずに音楽が楽しめる事態に陥っているため、アーティストの利益はますます減っています。

 

作品の不正利用や仲介業者の搾取も防止

 

 

このよう深刻な事態を解消するのが、ブロックチェーンです。ブロックチェーンの多き特徴の1つに、履歴が残るという点か挙げられます。

 

これまでは作品が市場に出るまでのプロセスが不透明だったために、作品に対する権利が誰にあるのかを突き止めるのが困難でした。

 

しかしブロックチェーンを活用すれば、履歴がオープンになりますから、権利の所有者も簡単にわかりますし、作成者の権利を守ることが可能になります。

 

さらに履歴情報に作品を使用するにあたっての条件などを記録してトークン(証明)を付けて配信すれば、ルール違反をすることができなくなり、不正な使用を防げます。

 

これによって音楽業界の慣習である、著作権所有者の決定権不足や仲介手数料がかかるといった課題も解消されることでしょう。

 

さらにコンサートやライブ活動も、適正に行われるようになります。ブロックチェーンを使えば、コンサートなどのチケットをデジタル通貨と同様の感覚で利用できます。

 

ライブ

 

ブロックチェーンでチケットの情報が公開できるので、これまでは仲介業者が管理していたチケットの販売状況を、アーティストもチェックできるようになります。

 

そして人気の高いチケットは、需要に合わせて価値が上がりますから、価値にふさわしい対価を受け取ることも可能になります

 

ブロックチェーンはさまざまな分野に革新をもたらしていますが、音楽シーンもブロックチェーンによって大きく変わるものと期待されます。

 

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム