ブロックチェーンと仮想通貨は表裏一体の関係

ブロックチェーン

 

ブロックチェーンとは?

 

仮想通貨について調べていると、何かと「ブロックチェーン」という言葉が目に入ってくるものです。漠然と「仮想通貨には欠かせないもの」と思っている方も多いでしょうが、そもそもブロックチェーンとはどのようなものなのでしょうか?

 

ブロックチェーンというのは、「分散型取引台帳」と呼ばれることもあります。分散型取引台帳というと、一気にイメージしやすくなるのではないでしょうか?

 

ブロックチェーンでは、ユーザー同士が管理し合うシステムとなっています。つまり、誰かに任せるのではなく、参加者全員で平等に管理をし合うということです。

 

特定の誰かに管理を任せてしまうと、権限が一点に集中してしまいます。当然、リスクも高まります。しかしながら、誰かに管理を任せるのではなく参加者全員で平等に管理し合うことによって、そのリスクも分散させることができるのです。

 

ブロックチェーンではすべての取引履歴が公開されていますし、システム上、改竄もできないと言われています。つまり、ブロックチェーンというのはとても安全性の高いシステムなのです。

 

ブロックチェーンがあるからこそ仮想通貨が成り立っている

 

ブロックチェーン2

 

今現在、数多くの仮想通貨が存在していますが、その多くでブロックチェーン技術が採用されています。ブロックチェーンがあるからこそ、仮想通貨が成り立っているとも言えるでしょう。まさに、ブロックチェーンと仮想通貨は表裏一体なのです。

 

仮想通貨というのは、ご存知のように実体のないお金です。言ってしまえば、ポイントカードにたまっていくポイントのようなものになりますので、信頼性やセキュリティの高さといったものがよりいっそう求められるようになります。

 

ブロックチェーンというのは先でもお話ししましたように、リスクを分散させることができる上に、改竄ができないシステムとなっています。その取引の履歴もすべて公開されることになります。

 

こういったブロックチェーンの持っている信頼性やセキュリティの高さが仮想通貨には、欠かせないのです。ブロックチェーンがなくなってしまえば、仮想通貨というのは成り立たなくなってしまうでしょう。

 

仮想通貨の取引をおこなっている方や仮想通貨を保有している方、これから仮想通貨を始めようと思っている方も仮想通貨の根底にあるブロックチェーンについて少しでも思いを馳せておくといいかもしれません。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム