信頼できる無農薬野菜を提供するブロックチェーン技術

無農薬野菜

 

農業を営んでいる方は、多大な努力を払って作物を生産しています。特にその作物が無農薬である場合にはそう言えます。しかしその努力はまだまだ消費者に伝わりづらく、市場でもそれほど重視されていないのが現状です。

 

しかも無農薬野菜は本当に無農薬なのかを証明するのが難しいため、無農薬野菜を一生懸命育ててもそれに見合った販売価格にならないという難しさもあります。

 

そんな現状を打破するために宮崎県綾町ではブロックチェーン技術を活用したデータ管理を導入しています。

 

QRコードでデータを一元管理

 

宮崎県綾町で栽培されている無農薬野菜には、すべてQRコードが割り振られています。そのQRコードを読み取れば、その野菜のこれまでの情報がすべて閲覧可能です。

 

生産者や生産地はもちろんですが、いつ収穫されたのか、どんな方法で育てられたのか、どんな肥料を使ったのか、どんな流通ルートを通ってきたのか、どんな温度管理がなされていたのかなど生産・流通・販売すべての情報をブロックチェーンによって管理することができます。

 

実は無農薬野菜は細かな情報すべてを管理して初めて消費者の手に届きます。これまでは情報が一元管理されていなかったため消費者の中には本当に無農薬なのかどうか疑う人も少なくありませんでした。

 

しかしブロックチェーン技術により、情報がすべてQRコードで管理できるようになったのです。しかもブロックチェーンは改ざんが極めて難しいため、消費者に対して自信をもって無農薬野菜であると証明できるのも大きなメリットです。

 

ブロックチェーンで低コスト化が実現

 

ブロックチェーン技術を使えば無農薬野菜の安全性が実現できるわけですが、それと共に注目されているのがブロックチェーン技術によるコストの削減です。

 

コストが削減できれば、農家からの卸値を上げても、消費者への影響を最小限に抑えることができます。ブロックチェーン技術を使えば、これまで紙によって行われてきた品質管理がすべて必要なくなります。

 

また連続的な品質管理が行えるため、一つひとつの生産・流通・販売過程にいた人員を別の業務に充てることができ業務の効率をさらに上げることができます。

 

スマートコントラクトを利用すれば、ある程度の業務が自動的に行えるようにもなるのでさらなる効率化が期待できます。

 

無農薬野菜を作っている農家にとっても、信頼できる野菜を探している消費者にとってもブロックチェーンは将来性の高い技術なのです。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム