ビットコインで投資することに伴うリスクを学ぼう

ビットコイン投資のリスク

 

ビットコインを始めとする仮想通貨は、新たな投資の可能性を切り開いた「時代の寵児」として広く注目を浴びています。

 

その一方で、ビットコイン投資を始めようとする場合には、その取引に伴うリスクに関してもきちんと理解しておく必要があるでしょう。では、ビットコイン投資にはどんなリスクもしくはデメリットが生じ得るのか、確認していきましょう。

 

取引所の破たんによる仮想通貨の喪失リスク

 

最も警戒すべきリスクは「仮想通貨取引所の破たん」です。実際、これまでもセキュリティーが脆弱だったために資産データをハッキングされて倒産に追い込まれた取引所は幾つもあります。

 

また、リスクの高い資産運用をした結果として、取引所の資産そのものが無くなってしまったというケースもあります。

 

円やドルなどの法定通貨および株式の取引を行なう証券会社に関しては、国の法律によって顧客の資産が保護されており、証券会社が破たんしたとしても資産が完全に失われてしまうという心配はありません。

 

一方、仮想通貨取引所に関しては法制度に基づく保障が準備されていないため、保有する仮想通貨の喪失リスクが常に付きまとうということを覚えておきましょう。

 

相場が乱高下することに伴うリスク

 

下落のリスク

 

ビットコインを始めとする仮想通貨の特徴は「値動き(ボラティリティー)が非常に大きい」というものです。相場が短期間で乱高下する、ということは決して珍しくありません。もちろん、豊富な経験を持つトレーダーはこの特徴を利用して儲けを獲得しています。

 

一方で、投資の初心者はこうした値動きについていくことができず、売り買いのタイミングを逃してしまった結果、大きな損失を出してしまうということもあるのです。ですから、ビットコイン投資を始める際にはリスクオフに関する基本的な考えをしっかりと覚えておくことが大切です。

 

フィッシング詐欺のリスクも

 

フィッシング詐欺のリスク

 

ビットコイン投資に伴うもう1つのリスクは「ハッキング被害」です。もちろん、仮想通貨としてのデータそのものを改ざんすることはほぼ不可能です。とはいえ、「フィッシング詐欺」によるハッキング被害は引き続き報告されています。

 

これは「仮想通貨取引所とまったく同じようなサイトを作り、そこへ偽のメールでユーザーを誘導してアカウント情報を抜き取る」というものです。個人のアカウントデータが盗まれてしまうと、口座内に管理しているビットコインが失われる可能性は非常に高くなります。

 

ですから、怪しげなメールが届いた場合には、リンクを開かずに仮想通貨取引所へ確認の連絡をすることを心がけましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム