仮想通貨で大損して借金まみれ、そんなことはあるの?

仮想通貨で大損

 

現物取引ならば大丈夫?

 

仮想通貨取引には何種類かありますが、現物取引というのが最もメジャーな方法です。口座に入ってる金額だけで取引することを現物取引と言います。口座に1万円が入っていたら1万円分購入できます。10万円が入っていたら10万円分の取引です。

 

仮想通貨は基本的にはマイナスになることはありませんので、10万円入れたお金が5万円や1万円になることがあっても、現物取引を続けている限りは借金となることはありません。基本的な取引ですので初心者の方はこの現物取引から入ることを強くお勧めします。

 

ずっと現物取引のみでやっている、手堅い方もいらっしゃいます。

 

仮想通貨のリスク

 

信用取引では?

 

信用取引とはレバレッジとも言われ、あらかじめ預けたお金の二倍、三倍のお金で仮想通貨を購入できるシステムのことです。例えば10万円預けて20万円や30万円分の仮想通貨を購入できます。場合によっては200万円、300万円分購入できることも。

 

200万円分買った仮想通貨が300万円になった場合、100万円の利益となりますが、半分の100万円になった場合はどうでしょう?100万円の損失となり、100万円を払わなければなりません。手元には10万円しかありませんので90万円の赤字になってしまいます。

 

さらにロストカットというイベントが行われます。これは取引が強制的に終了するもの。長期で計画を立てていても、相場はその通りに動くとは限りません。もう少し待っていれば上がるんだけれど、という間際のロストカットは良く聞く話しです。

 

このように信用取引とは赤字、借金を抱える原因になります。大きく儲ける可能性もありますが、同時に大きく損をする可能性もありますので、初心者にはあまりお勧めできません

 

自分のルールを決めて冷静に

 

投資は最終的には自己責任となってしまいます。余剰資金で投資を行うのが鉄則と言われていますが、これは冷静な判断をするためです。冷静な判断ができないと売り時、買い時の判断を間違いやすくなります。

 

現物取引ならば借金を抱えることはありませんが、現物取引をするための資金を借りているようでは、冷静な判断もできません。

 

冷静な判断をするためにも、最初にルールを決めてそのルールに沿って売買してみてはいかがでしょうか。例えば最初に10万円を口座に入れて、それから増やしていく、という方法です。増えた、減ったがわかりやすく、やりがいにつながりますよ。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム