複数の取引所に登録してリスクを最小限に抑えよう

仮想通貨取引所、複数登録してリスク分散

 

仮想通貨取引所は複数登録がおすすめ

 

「よし、オレも仮想通貨を始めるぞー!」と取引所に登録し、最初の仮想通貨を購入して一安心……と思っていないでしょうか。

 

もしあなたが、たった1つの取引所としか取引の準備をしていないのであれば、まだ安心してはいけません。どんなに有名で信用できそうな取引所であっても、1つの取引所だけと取引するのはリスキーな戦略です。

 

安全に仮想通貨取引をするなら、複数の取引所に登録することです。

 

大きな事件は「信用されていた有名どころ」で起こる

 

横領に流出――大きな事件が発生したマウントゴックスも、コインチェックも、その時点で有名で、多くの投資家が取引をしていたところでした。

 

だからこそ大スキャンダルとして報じられたわけですが、そういうところだからこそ大金が集まり、狙われるとも言えます。路上のひったくりならともかく、ハッキングをするような人物は個人の財布よりも、取引所に集まる巨額の資産をターゲットに選ぶだけの知能を持っています。

 

もちろんこれらの事件を教訓に各取引所のセキュリティは対策を強化しましたし、個人でできる対策の知識も普及してきています。ですが技術のせめぎ合いに完全な防御はありません。

 

また、ハッキングのほかにサーバダウンによる危険性もあります。サーバダウンはいずれ回復しますが、その間は取引ができなくなってしまいます。

 

そしてサーバダウンは、「アクセスが集中しているとき」に起こります。もしそれが「あなたの通貨が暴落してみんなが慌てて売りに走っている」という事態だったら? と考えるとぞっとします。

 

アービトラージができる 選択肢が増えると

 

複数の取引所を選べるというのは、アービトラージ(裁定取引と訳されます)ができるということです。アービトラージは、取引所同士で同じコインの値段が異なるという場合に、安い方で買って高い方で売れるということです。このテクニックが使えると使えないでは大違いです。

 

また、取り扱っているコインの種類も取引所によって違うので、その意味でも選択肢の数にダイレクトに反映してきます。

 

仮想通貨取引所別、取り扱い銘柄

 

特に重要なのが「従来のコインから分裂したコイン」です。これはおそらく旧来のコインを扱っている取引所では使えるようになる可能性が高いですが、その取引開始時期が取引所によって異なります。

 

せっかくコインがパワーアップして高騰のチャンスなのに、上がり切ってからしか買えなかったということはぜひとも避けたいものです。

 

まとめ

 

最低でも2つ以上の取引所に口座開設しましょう。万が一、アカウントが乗っ取られたり、取引所の閉鎖になった場合にリスクヘッジが出来ます。

 

取引所によっては、ユーザーが急増に伴って、新規アカウントの登録を停止する取引所もあります。金融庁に許可を受けている取引所は一通り登録しても良いでしょう。

 

関連記事

口座開設はこちら
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム