仮想通貨を安全に保管するウォレットの種類

仮想通貨ウォレットの種類

 

仮想通貨ウォレットって何?

 

ウォレットは簡単に言うと、仮想通貨を保管しておく場所、ということになります。証券会社でしたら単純に口座一個なので悩む必要は無いのですが、仮想通貨の場合は何種類かあり、初心者が手を出しにくい原因となっています。

 

関連記事

 

その保管できる場所ですが、大きく分けると以下の4つになります。
取引所のウォレット、ウェブ上のウェブウォレット、ソフトウェアウォレット、ハードウェアウォレット、です。
順に説明していきましょう。

 

仮想通貨ウォレットの種類

 

取引所のウォレット

 

取引所で用意されているウォレットです。証券会社で言う口座みたいなものでしょうか。ハッカーに攻撃される可能性があり、また、取引所が倒産した場合、預けていた仮想通貨の引き取りに手間がかかります。場合によっては泣き寝入りになる場合もあるでしょう。この4つの中ではセキュリティ的には一番弱いです。

 

しかしながら、ビットバンクGMOコインビットフライヤーなどの金融庁認可の「仮想通貨交換業者」のメジャーな仮想通貨取引所では金銭や仮想通貨の分別管理をしており、さらに「コールドウォレット」管理や、「マルチシグ」、「二段階認証」を導入しておりハッキングや、盗難対策、内部不正対策も整備しています。

コールドウォレット

インターネットから完全に切り離されたウォレット。

 

マルチシグ

仮想通貨送付の際に複数の秘密鍵を分散管理して使用することにより、外部からの攻撃に対する安全性が向上する。

 

ウェブウォレット

 

Blockchain.infoやMyEtherWallet.comで行っているサービスです。IDとパスワードを入力することで利用できますが、こちらもハッキングされるリスクがあります。

 

ソフトウェアウォレット

 

自分の使うパソコンやスマートフォンにダウンロードしておきます。ネットワークに接続されていなければなりませんが、使い勝手が良く比較的安全です。最近ではこのソフトウェアウォレットを狙うウイルスやマルウェアも確認されていますので注意が必要になってきました。

 

バックアップファイルや復元鍵はこまめに取っておかないと、パソコンが壊れた際、保存していた仮想通貨も消えてしまいます。

 

ハードウェアウォレット

 

Ledger NanoSやTrezorが有名です。ドングルをイメージしてもらえば良いかと思います。対応している仮想通貨が少なく、ハードウェア自体値段が高い為、少々手を出しにくいのですが、セキュリティの面では一番安心です。

 

ウォレットにアクセスするためのパスワードや秘密鍵を忘れると取り出せなくなる物が多いので、忘れないように注意してください。数億円の仮想通貨を取り出せないままの方も少なくないと聞きます。

 

Ledger NanoS 仮想通貨ハードウェアウォレット

 

レッジャーナノ

 

仮想通貨を管理する際に必要な秘密キーをインターネットから完全に隔離して保管することができるデバイスです。

 

対応通貨:ビットコイン ビットコインキャッシュ イーサリアム リップル ライトコイン イーサリアムクラシック その他

 

Ledger NanoS

 

Ledger nano Sの使い方

 

関連サイト:Ledger nano S

 

その他のウォレットを紹介

 

ソフトウェアウォレットは多数の種類があります。それぞれ対応している仮想通貨が違いますので注意が必要。

 

ビットコイン対応のウォレットとしてははCopay、Bitpay等あります。デビットカード機能が付くなど、付加価値のあるウォレットもあります。

 

安全な共有ビットコインウォレット「Copay」

 

ビットコインにおける高度なセキュリティーを手軽に扱えるオープンソースHD?マルチシグネチャウォレットです。

 

copay

 

関連サイト:Copay

 

スマホ向け仮想通貨ウォレット「Ginco」

 

ビットコインをはじめとする複数のメジャーコインにも対応します。今後はDEX(分散型取引所)やDapps(分散型アプリケーション)への接続機能を拡張。

 

対応通貨:Bitcoin/Ethereum/EOS/TRON/OmiseGO/DigixDAO/Status network/Augur/Zilliqa/0x/Kyber Network/Decentraland

 

ginco

 

関連サイト:Ginco

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム