仮想通貨とトークンの違いとは?

仮想通貨とトークンの違い

 

「仮想通貨」について詳しく調べていると、必ず「トークン」という言葉が登場してきます。

 

中には、「仮想通貨とトークンは同義」としているケースもあるものの、実際には幾つかの明確な違いが存在しています。

 

では、仮想通貨とトークンの間に見られる違いを検証して行きましょう。

 

 

「トークン」とはブロックチェーンによる独自のコイン

 

トークンとは、簡単に言えば企業や個人が発行する独自のコインのことです。さらにトークンを発行するためにはブロックチェーンが必要になります。例えばある企業がとあるプロジェクトを行いたいと思っているとします。

 

しかしそのための資金がありません。非常に将来性のあるプロジェクトなので、どうしても資金を集めたいと思いブロックチェーンを使った独自のコイン、つまりトークンを発行します。

 

するとそのプロジェクトに投資したいと思う人々がトークンを購入して企業が資金を集めることができるというわけです。企業が資金を調達できればプロジェクトは順調に進んでいき、やがて大成功を収めるかもしれません。

 

するとトークンの価値が上がり、最初にトークンを購入していた投資家はトークンを売って利益を上げることができる可能性があります。トークンは企業にとっても投資家にとってもメリットのあるシステムと言えるでしょう。

 

「トークン」と「仮想通貨」の違いとは

 

ではトークンと仮想通貨の違いとはいったい何なのでしょうか。実は仮想通貨も企業や個人が発行している独自コインという意味ではトークンの一種と言えます。トークンと仮想通貨の境界線はかなりあいまいで、人によっても使い方が異なるのが実情です。

 

しかしもし境界線を引くとすれば、それは「独自のブロックチェーンを使っているかどうか」ということになるでしょう。例えば有名なビットコインイーサリアム(ETH)リップル(XRP)ネム(XEM)といった仮想通貨は独自のブロックチェーン上に発行されているトークンです。

 

一方でこれら仮想通貨のブロックチェーンをいわば拝借して作り上げた独自コインがトークンということになるでしょう。さらにトークンは仮想通貨とは異なり発行枚数が制限されていないという特徴もあります。

 

つまりより多くの人から支持を集めることができればトークンをたくさん発行することも可能です。ただし供給過多になると価格が下がりすぎてしまうので供給量をコントロールすることもできます。

 

そういった意味ではトークンは仮想通貨というよりも株式に近い性質を持っているわけです。

 

管理者(中央銀行)が存在するかどうか

円やドル、ポンドなどの「法定通貨」は、中央銀行による管理を常に受けています。通貨の発行量などは国の経済政策に応じて時々刻々と変動して行きます。

 

一方、ビットコインを始めとする「仮想通貨」には、中央銀行のように管理を行なっている存在がありません。P2Pというコンピュータシステムによって発行量などの管理は行われています。

 

「トークン」では、必ず管理を行なっている企業もしくは団体が存在しています。これが仮想通貨との大きな違いです。

 

トークンを管理している企業は、資金調達をメインとして発行を行なっており、そこで原資を準備することでプロジェクト開発などに活用する、という目的があります。トークンの購入者には大抵のケースで何らかの優待が設けられているため、株式発行と似ているとも言われています。

 

中には、トークンのことを「電子データ型引換券」と呼ぶメディアもあります。トークンの発行による調達目標額は事前に決まっているため、発行規模は仮想通貨と比べると非常に限定的という特徴があります。

 

加えて、管理を行なう企業や団体が在籍している地域もしくは国内のみでの販売になることが多いため、購入が可能な法定通貨の種類がとても少ない、というのも特徴です。

 

トークンそのものを作成することは個人でも可能です。ただし、そこにふさわしい価値を付与できるかが広く流通するかどうかのポイントとなっています。

 

オリジナルのシステムを使用しているかどうか

仮想通貨はブロックチェーンを始めとするオリジナルのシステムを導入して、通貨データの管理を行なっています。一方、トークンは仮想通貨で使用されている既存のシステムを活用してプログラムを作り上げています。

 

ですから、立ち上げに要する時間は短く、すぐに運用を開始することができる、というメリットがあるのです。

 

ただし、ビットコインのようにマイニングで手に入れることができるよう設定されているものはほとんどありません。加えて、トークンは通貨としての利用期限が事前に定められているということも多く、この点でも仮想通貨とは大きく異なるものと言うことができるでしょう。

 

仮想通貨への投資もいいですが、トークンに注目してみるのも良いかもしれません。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム