スマートコントラクトでできること

スマートコントラクト

 

 

スマートコントラクトとは 

 

Smart(賢い)Contract(契約)と言われても何のことがピンと来ない、ブロックチェーン技術と関係があるらしいが良くは分からない。そんな声を最近耳にします。一言で言えば「プログラムによって自動化された契約」のことです。

 

つまり「このような条件が満たされたら契約が成立する」ということを予め決めてプログラムしておき、他の人がそのプログラムにアクセスして契約条件を満たす行為を行うことで、自動的に契約の履行と決済が行われるという仕組みのことです。

 

たとえば電子書籍のダウンロード販売などは、こちらが商品を選んでお金を払うだけで決済が完了し、ただちに書籍を読むことができます。

 

出版社の人に連絡が行き、こちらの「この書籍を買いたい」という希望を読んでゴーサインを出すというようなプロセスは存在せず、私達の操作とプログラムのみで事が済んでしまいます。あのようなものがスマートコントラクトです。

 

スマートコントラクトの例を自動販売機で説明

 

自動販売機

 

最も古いスマートコントラクトは、自動販売機であると言われます。スマートコントラクトという言葉は1990年代にニック・サボ(Nick Szabo)という暗号学者が考案したものですが、彼自身がこの自動販売機のたとえを挙げています。

 

つまり「お金を入れる」「どれかドリンクのボタンを押す」この2つの行為がともに満たされると契約条件が成立し、機械が自動的に「特定のドリンクを消費者に提供する」という契約の履行を開始します。

 

ドリンクを入れた人も機械のメーカーも、いつ誰がお金を入れてボタンを押したのかを関知しませんが、履行は自動的に行われます。

 

サボはこれを最古のスマートコントラクトと位置付けました。昔の自動販売機より、現在のブロックチェーンははるかに複雑高度な契約内容を扱えますが、原理的にはこういうことなのです。

 

イーサリアムのスマートコントラクトの場合

 

イーサリアムのスマートコントラクト

 

ライトコインビットコインキャッシュリップルなどと並ぶアルトコインの雄、イーサリアム。実はイーサリアムは仮想通貨界で独自の地位を築いています。

 

法定通貨同様の使用をメイン目的とした一般的な「決済型」仮想通貨や、リップルのような送金の利便性を意識した「送金型」仮想通貨、単に寄付を募るために仮想通貨販売の形を取る「寄付型」仮想通貨などに対し、イーサリアムは「プラットフォーム型」の仮想通貨と呼ばれるのです。

 

どういう意味かというと、イーサリアムをいわば“改造”して特定の契約を行わせる機能を追加し、新たなスマートコントラクトのソフトウェアを作るということがかなり容易にできるのです。そのためスマートコントラクトのプラットフォーム(土台)と呼ばれるのです。

 

これはビットコインなどが「契約の情報」を記録・集積してお金の不正を防ぐシステムだったのに対し、契約情報だけでなくソフトウェアそのものを搭載することができるという高い自由度によるものです。

 

たとえばujoMUSICという、アーティストや作曲家・作詞家に対する支払環境を改善するための音楽配信サービスがありますが、あれもイーサリアムから生まれたスマートコントラクトです。

 

イーサリアムが生み出したソフトの中で特に成功したソフトの話をしましょう。あまりに評判になったため、その取引量の30%もそのソフト関連が占めてしまい、危うく一時停止する場面にまでなったというソフトです。そのソフトとは「仔猫集めゲーム」です。

 

クリプトキティーズ(暗号仔猫)というタイトルのこのゲームは、最初に販売された5万匹の猫を掛け合わせることで、40億通り以上もの新しい猫を作ったり、他の人が作った猫を買ったりして集めるというものです。最高値を記録した仔猫はなんと日本円にして1400万円にもなったそうです。

 

ゲームで見えてくるスマートコントラクトの可能性

 

 

クリプトキティーズは日本でいえば「ポケットモンスター」などを思わせる、ゲームとしてはそれほど真新しいものではありません。また仔猫たちのビジュアルも、決して洗練された可愛らしいデザインとは言えません。

 

なのになぜここまでの人気を博したのかというと、自分が持っていない猫の要素が、他の人が持っている猫にあるため、交流や売買を促進されることになったのが面白さにつながったことがあげられます。そして、拡張機能の存在が大きいと思われます。

 

拡張機能とは、本来クリプトキティーズに存在しなかったミニゲームを追加して遊べるということです。

 

クリプトキティーズそのものがイーサリアムにソフトを組み込むことで作られたゲームですが、その中にさらにミニゲームを組み込むことができるのです(たとえば猫同士を戦わせるなど)。この機能によって、クリプトキティーズは「集めたら終わり」なソフトではなくなり、今でも遊び続けられています。

 

このように内容をデザインしてゆける無限の可能性がすなわちスマートコントラクトの魅力なのです。スマートコントラクトは、様々なソフトとサービスを今も生み出し続けています。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム