メジャーリーグMLBが仮想通貨を利用したDappsゲームを展開!

メジャーリーグ

 

メジャーリーグがDappsゲームに着手

 

アメリカのプロ野球・メジャーリーグ業界が、仮想通貨のブロックチェーンプラットフォームをベースにしたDappsゲームの製作に着手し、MLB Crypto Baseballを開始するとのニュースが流れました。

 

Dappsとは、イーサリアムで展開される分散型アプリケーションのことで、オープンソースのブロックチェーン上にゲームソフトを公開するシステムです。

 

イーサリアムブロックチェーンでは、他にも「Cryptokittiesクリプトキティーズ」といって、電子猫を飼うタイプのゲームに人気が集まっています。

 

あるゲーム参加者が育てた猫のキャラクターに1500万円以上もの値がついて、実際に取引された事例がある程の人気ぶりなのです。このように従来のオンラインゲームが仮想通貨のトークンを通貨として、よりリアルな対戦型ゲーム等を提供しています。

 

そこでメジャーリーグのMLBが新たに着手するこのMLB Crypto Baseballは、これまで野球の観戦にあまり興味を示さなかった人もターゲットに含めたアプローチがなされていきます。

 

ただし、現時点では仮想通貨の流通性の悪さが原因で、仮想通貨をよく知らない人々には参加し難いという難点があるもの事実です。

 

プレーをするには実際にウォレットを取得し、イーサリアムを購入してからでないと始められないのです。

 

この点をクリアすれば、ゲーム自体は非常に面白いもので、しかも仮想通貨のプラットフォームならではの公平性を担保して、スピーディでダイナミックなゲーム展開が期待できます。

 

個々の参加者がオリジナルなキャラクターを作り、ゲームの中で育て上げていけば、その選手にプレミアが付きます。イーサリアムのプラットフォームでは無断でコピーしたり邪魔をすることも難しいことから、そういった選手などが個人の財産となることでしょう。

 

やがては日本プロ野球界への波及も期待されます

 

このDappsゲームがある程度成功すれば、今度は日本でもブーム化する事が期待できるでしょう。舞台はe-sportsでも、実際のプロ野球リーグでも構いません。

 

このプログラムは既に進行中で、仮想通貨をベースとしたプロジェクトが実現するのは遠い将来のことではないのです。

 

例えばGMOコインが千葉ロッテマリーンズのオフィシャルスポンサーになったと2018年6月に発表されています。

 

また横浜DeNAベイスターズが電子地域通貨・BAYSTARS coinを開発中ともあります。こういった流れが、やがて仮想通貨の流通性を高めていくと期待されています。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム