仮想通貨取引所と販売所いったい何が違う?

取引所と販売所の違い

 

仮想通貨を購入したりトレードする場所として「取引所」と「販売所」の2種類があります。

 

この両者には大きな違いがあり、それを知っておくことで簡単に購入ができたり、またはお得に売買を行うことができます。

 

またその人が考えている投資計画によっては、販売所で十分という場合もあります。今回は取引所と販売所について詳しく解説します。

 

 

取引所と販売所の違いとは

 

それぞれの特徴を確認することで、両者の違いを比較することができます。違いは大きく以下の3つに分けられます。

 

取引形式の違い

取引所と販売所の違いとしてまず挙げられるのが売買する相手です。どちらも仮想通貨の売買ができる部分は同じなのですが、ユーザー間で取引をするか、あるいは販売所とユーザーが直接取引をするかです。ユーザーが誰を相手に売買するのかが違ってきます。

 

手数料の違い

取引所の方が手数料は安く済み、販売所にはスプレッド手数料が価格に上乗せされているので高くなる。

 

注文形式の違い

取引所は価格を自分で設定して注文ができるが、販売所の場合は販売所が決めた価格で注文を出します。

 

取引所と販売所のそれぞれの特徴

 

どこの取引所で仮想通貨を購入しようと調べた時、取引所と販売所の2種類があることに先ずは気づいたでしょうか?取引所と販売所の特徴をそれぞれ知ることで、両者を比べた時の違いも見えてきます。

 

取引所 取引所の場合

 

ビットコイン取引所

 

ユーザーの相手は別のユーザーです。言ってしまえば、仮想通貨取引所という場所に集まっている個人間での売買をおこなっていくことになるのです。

 

よく仮想通貨について書いているブログやサイトでは一括して「取引所」と言いますが、大きく分けると2種類存在します。トレードを主としているのが「取引所」です。

 

取引所とは、主にユーザー間で仮想通貨同士をトレード取引する場所です。したがって自分が売買したい価格を設定して注文を出すことができます。株の経験がある人は取引所から始めるケースも多いでしょう。

 

取引手数料は基本的に0.05〜0.1%で、0%の所もあり、販売所よりもお得に取引ができるのもポイントです。また価格を設定して注文するか、あるいは設定せずに自動的に付けられる価格で注文するかによっても手数料が変わるケースもあります。

 

現物取引手数料の各取引所比較
取引所 Maker手数料(指値注文) Taker手数料(成行注文)
ビットバンク 無料 無料
Liquid リキッド 無料 無料
ビットフライヤー 0.01%〜0.15%(金額により異なる) 0.01%〜0.15%(金額により異なる)
ビットポイント 無料 無料
ザイフ ビットコイン無料、アルトコイン0〜0.1% ビットコイン無料、アルトコイン0〜0.1%

 

取引所によって手数料は異なるので、どこが一番安いのか、あるいはどこが一番自分がやりたい取引に合っているのかを見ながら取引所を選ぶようにするのがポイントです。

 

販売所 販売所の場合

 

ビットコイン販売所

 

仮想通貨交換業者から直接の売買をすることになります。あくまでも業者を相手にして仮想通貨の売買をおこなっていくことになるのです。

 

取引所はユーザー間での取引ですが、販売所はユーザーと直接売買を行う場所です。したがって販売所が販売価格、売却価格を決めています。ユーザーはその価格にしたがって売買数量を決めて注文を出します。

 

これはユーザーにとっては簡単に売買できる方法でもあります、株も未経験であり仮想通貨に関しても初心者の場合は「販売所」が向いていると言えます。また販売所は法定通貨を使って仮想通貨を買う、あるいは仮想通貨を売却して法定通貨に両替するという形が基本になります。

 

販売所には取引手数料はありませんが、代わりにスプレッド手数料があります。これは販売所が設定している価格に上乗せされているので、売買した時に手数料が引かれることはありません。

 

ただスプレッド手数料は、取引所の取引手数料よりもかなり高くなっているのが一般的です。下の画像を見ると分かりますが。購入金額と売却金額には差額があり、購入した後、プラス収益で売却するためには、売却金額が購入金額よりも高くなる必要があります。

 

つまり購入金額と売却金額の差額がスプレッド手数料になります。金額が販売所で設定されているので、取引所のように頻繁に売買を繰り返すことは難しくなりますが、ユーザーは売買数量だけを設定すればいいので、初心者にとっては簡単に始められるメリットがあります。

 

ビットコインを販売所で売買

 

以下は販売所を主にしているところと、両方を備えているところです。

 

手数料の違いについて

 

取引所・販売所それぞれで手数料も違ってはくるのですが、基本的には仮想通貨取引所の手数料は安く仮想通貨販売所の手数料は高いと言われています。

 

取引所の手数料は安く、販売所の手数料は高いというのは、リスクやわかりやすさといったものを考えると納得できるでしょう。

 

取引所はリスクも高くわかりにくい部分がありますが、逆に販売所はリスクも低く初心者にとってはわかりやすい部分があります。

 

特に取引所の場合、結局は個人間でのマッチングが成立しないと売買が進みません。思ったような金額で売れないこともありますし、期待していた金額で買えないということもあります。

 

ところが、販売所となってくるマッチングの成立を待つ必要がありませんので、希望していた金額で売ったり買ったりできるのです。その分、手数料がかかってしまうというわけです。

 

取引所と販売所のメリット・デメリットについて

 

両者の特徴が異なることでそれぞれユーザーにとってのメリット、デメリットがあります。一概にどちらかの方がいいということもありませんし、そこの取引所なり販売所なりの最低購入数量やその他のサービスもあります。

 

 

取引所のメリット

 

・販売所のように価格にスプレッド手数料が上乗せされてはいないので、購入して直ぐに売却することもできます。

 

・自分が売買したい価格を設定して注文することができます。

 

・取引手数料が安いので頻繁にトレードを行ってもそれほど負担にはなりません。

 

・基本的にビットコインかイーサリアムとその他アルトコインのトレードができます。

 

取引所のデメリット

 

・初心者の場合、取引画面が難しく最初のハードルが高くなる場合があります。

 

・希望の価格で注文しても直ぐに確定されない場合があります。

 

・価格の入力ミスをしてしまう場合があります。

 

販売所のメリット

 

・取引画面がシンプルで初心者でも簡単に売買ができます。また感覚的に取引画面を操作できるようデザインされているところが多いです。

 

・ユーザー相手の場合は希望価格での注文が確定するまで時間がかかる場合がありますが、販売所ではその価格で売買するので即注文が確定します。

 

・価格設定の入力ミスを防ぐことができます。

 

販売所のデメリット

 

・希望の価格を設定することができない。

 

・スプレッド手数料が価格に上乗せされているので、購入したら直ぐに売却することがでない。

 

・仮想通貨同士のトレードは基本的にできない。(ビットコインでアルトコインでの売買は可能な場合は多い)

 

取引所と販売所で向いている人とは?

 

どういったユーザーがどちらの取引形式に向いているのか、一概には言えませんが傾向として参考にしてみてください。

 

取引所に向いている人

 

仮想通貨で頻繁にトレードを行い利益を得たいと考えている人は、スプレッド手数料がない安い手数料の取引所が向いています。つまり仮想通貨を長期保有ではなく、短期的な取引目的で考えている場合です。

 

また株などの経験があり、ローソク足のあるチャートで分析をして取引がしたい人も、取引所が向いています。取引所には高機能取引ツールを無料で利用できる所も多くあります。

 

株経験がある場合は、指値注文なども既に知っているので、自分が希望する価格で取引したい人は取引所がおすすめです。

 

販売所に向いている人

 

仮想通貨だけでなく株の経験がない人にとって、急に成行注文や指値注文と言われてもハードルを感じてしまう場合ばあります。そうった人には売買数量だけを決める販売所がおすすめです。

 

また頻繁にトレードをするのではなく、長期保有を考えている場合は、取引手数料はあまり関係ないので販売所からの購入でも十分に適しています。

 

仮想通貨取引所と販売所のまとめ

 

それぞれの特徴を知れば、取引所と販売所どちらを利用する方が自分には向いているのかが分かってきます。

 

また取引所と販売所の片方に決めるのではなく、両方に登録しておくことで、使い分けることもできますし、いざという時のリスクヘッジにもなります。

 

例 簡単に例えるのであれば…

 

仮想通貨取引所はオークションサイト、仮想通貨販売所はネットショップといったところでしょうか。

 

オークションサイトは出品や入札のための場所を提供するもので、ネットショップというのは商品そのものを提供するところです。

 

同じものを売買にするにしても、オークションサイトとネットショップでは当然その際の金額が違ってきます。それと同様に取引所販売所では売買する際の金額も違ってくるのです。

 

トレードを頻繁に行う仮想通貨は取引所で、長期保有する仮想通貨は販売所で購入してみてもいいでしょう。

 

おすすめ取引所で口座開設

 

金融庁認可の「仮想通貨交換業者」

 

口座開設はこちら

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム