今から仮想通貨を始めても儲かるの?

仮想通貨

 

 

今からでも仮想通貨は儲かる可能性がある!

 

※個人的な考えも含まれています。

 

仮想通貨の代名詞とも言えるのがビットコインですが、このビットコインが高騰したことによって億万長者が誕生したことは有名です。

 

「億り人」といった造語までできるくらいでしたし、実際にこういった話をきっかけに仮想通貨への興味を持ったという方も多いのではないでしょうか?

 

ただ、ここ最近は仮想通貨の大暴落についてのニュースが目立つようになり、一部では「仮想通貨はもう終わり」と話す人もいます。ですが、勢いよく上がったものが勢いよく下がるというのはよくある話でもあります。

 

そもそも高騰して億万長者を生み出し、大暴落したのはビットコインの話です。もちろん、ビットコインはその他の仮想通貨の生みの親とも表現できるものですので、ビットコインの動きによって他の仮想通貨が影響を受けることもあるでしょう。

 

ビットコイン

 

しかしながら、仮想通貨というのはビットコイン以外にも山ほどあります。

 

ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼びますが、アルトコインはそれこそ何千という単位で存在していますし、今後さらに増えていく可能性もあるのです。

 

その中からビットコインのように高騰して、億万長者を生み出す仮想通貨が誕生してもおかしくありません。今からでも仮想通貨で儲かる可能性は十分にあると言えるでしょう。

 

仮想通貨

人気のアルトコイン

 

儲からないと言い切ることのほうが難しい

 

先でもお話ししましたように、仮想通貨というのはビットコイン以外にもさまざまなものが存在しています。こうしている今も新しい仮想通貨が誕生している可能性があるのです。

 

選択肢はそれこそ山ほどありますし、そのひとつひとつがどのように転がっていくのかわからないのです。そうなってくると、儲からないと言い切ることのほうが難しいのではないでしょうか?

 

それに仮想通貨というのは、これからのものです。最近ではキャッシュレスが進んでおり、現金を持たない方が多くなってきました。そういった中で仮想通貨が使える場所もかなり増えてきています。

 

仮想通貨というのは長い歴史で見ると、つい最近始まった新しいお金の形です。たまたま高騰と暴落が短期間で起こってしまったために、過去の産物とされそうになっているのですが新しいものであることには変わりありません。

 

むしろ、時代の流れを考えると仮想通貨で儲かるチャンスというのはこれからもっと増えてくるのかもしれません。

 

仮想通貨でどう儲かるのか

 

つまり、やはり株と同じように、安い時に買って高い時に売る。このような儲け方をするのが一般的です。

 

買う時にはペアの表記に注意しましょう。たとえば「BTC/JPY」というのは「ビットコイン/日本円」という意味です。仮想通貨と普通のお金の組合せだけでなく「BTC/LTC」(ビットコインライトコイン)のような仮想通貨同士でのペアもあります。

 

仮想通貨は、普通のお金(仮想通貨に対し、法定通貨と呼びます)のようにモノを買うことも一応可能ですが、どこのお店でもというわけにはいきません。

 

またビットコインのような一部の通貨以外は事実上使えません。ちなみに発行者と発行目的によっては、特典が付く場合があります。

 

たとえばあのベンツを擁するダイムラー社は、エコドライブ(環境に優しい運転のこと)に対する褒賞としてMobiCoinという仮想通貨を発行しており、同社製品やレースのチケットなどと交換できます。

 

しかし多くの仮想通貨ではそのような特典はないか、あっても株における株主優待程度の「オマケ」であり、あくまで売買が通常の投資です。

 

仮想通貨取引所によって値段が異なる

 

仮想通貨というのは、株のように実際の会社の業績を反映しているというような性質が極端に薄く、偶然で乱高下をすることが多い商品です。

 

そのため、ある取引所(と契約している投資家たち)の間の価格と、別の取引所(同上)での価格が異なるということが比較的容易に発生します。

 

これを利用して、ある取引所で買った通貨を別の取引所で売り、差額で儲けることも可能です。これをアービトラージ取引と言います。

 

口座開設はこちら

 

関連記事

 

当サイトの情報を用いて行う一切の行為・被った損害・損失については、一切の責任を負いかねます。
最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。ご了承ください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム