実用性に優れるライトコインの特徴

ライトコイン

 

ライトコインは仮想通貨の先駆けであるビットコインの次に開発、公表された仮想通貨です。

 

ビットコインは開発者が明らかになっていませんが、ライトコインの場合は元グーグルの技術者であったチャーリー・リーという人が開発しました。

 

 

ライトコインとは

 

2011年の設立となっていて、ビットコインの技術を根本としながらも、より使いやすく改良されているのが特徴です。

 

元々、ビットコインは非常に優れた仮想通貨のシステムを持っていましたが、やはり技術的な進歩に合わせていく必要がありましたので、その技術の進歩とビットコインのデメリットを解消すべく作られたのがこのライトコインということになります。

 

そのため、ビットコインよりも使いやすく、効率よく処理ができるというところにライトコインの特徴があります。

 

ライトコインとビットコインの比較

 

ライトコインはビットコインを基本として作られていますので、ブロックチェーンの仕組みや使い方などは基本的に一緒です。しかし、両者の間にはいくつかの点で違いがあります。まず、決済スピードの違いという点が挙げられるでしょう。

 

ビットコインはどうしてもブロックサイズが小さいため、決済処理に時間がかかり少なくても10分程度の時間を要し、取引が多くなると相当な遅れを出すこともあります。しかし、ライトコインの場合は2分30秒程度の処理時間となっていて、ストレスのない程度の処理スピードを実現しているのです。

 

また、ビットコインは現在マイニングが非常に難しくなっていて、新たにマイニングを始めるのは無理があるほどです。その原因としては埋蔵量が限定されているということがあります。一方のライトコインは、埋蔵量のトータルがビットコインの4倍程度あり、その分マイニングによる報酬を得やすい状況となっています。

 

もちろん、マイナーが増えればビットコインと同じように難易度が高くなっていくのは当然のことですが、根本的な難易度設定が低いため、ビットコインほどにはならないと言えるでしょう。そのため、マイニングによるコイン獲得がしやすいというメリットを持っています。

 

ライトコイン2

 

セキュリティーという面では、ライトコインには若干の不安があるとされています。ブロックサイズを大きくしてはいますが、ブロック承認時間を低く設定しているため、どうしても不正アクセスという点での弱さが出てきてしまうからです。

 

それほど大きな問題とはなっていませんが、ビットコインや他のアルトコインと比べると脆弱性に不安が残ります。処理スピードのメリットと同時に、セキュリティーの弱さというデメリットが生まれている状況です。もちろん、ウォレットの強化などによってセキュリティ対策ができますので、このコインを扱う時には、他のコイン以上に注意しましょう。

 

ライトコインのSegwit

 

ライトコインの機能において欠かせないのが、Segwitというものです。これは取引のデータを圧縮してより速く処理を実行するシステムのことを指します。同じブロック容量であっても、データを圧縮して送ることができますので、より送信スピードが速くなりますし、コンピューターにかかる負担も減ることになります。

 

Segwitを実装することができれば、どの仮想通貨もより速く取引ができるのですが、実際にはそれほどの実装実績はありません。というのも、このSegwitを実装すると、今まで使っていたマイニング装置が使えなくなる可能性が高いので、マイナーがSegwit実装に反対することがほとんどだからです。実際に、ビットコインでは早くからSegwitの実装の必要性が叫ばれていたものの、なかなかマイナーの賛同が得られず実装されていなかったという歴史があります。

 

しかし、ライトコインは早くからSegwitを実装することが決まり、途中実装という点では仮想通貨で一番のコインとなりました。この実装が決まった時には、ライトコインが急騰して、Segwitへの期待感が大きくなったという反応が見られたこともありました。それだけライトコインというのは、Segwitというシステムが大きな特徴となっていることが分かります。

 

ライトコインの今後は?

 

ライトコイン3

"Litecoin IMG_3335”by BTC Keychain is licensed under CC BY 2.0

 

このように、ライトコインはSegwitの実装を早くから実施するなど柔軟性に富んでいて、より使いやすいコインとして進化している仮想通貨と言えます。ビットコインはその技術的な問題や、マイナーの賛同を得るのが難しいため、度々ハードフォークするリスクをはらんでいるというデメリットがあります。

 

こうしたことから、ビットコインに変わる決済手段の一つとしてライトコインが支持されていく可能性も十分あるでしょう。ビットコインの価値に連動しているのが現状ですが、これからライトコインの機能的な優位性が強調されるようになると、よりライトコインの価値が単独で高くなっていくことも考えられます。

 

完全にビットコインに替わることはないにしても、アルトコイン上位として注目し続けるべき仮想通貨だと言えるでしょう。

 

ライトコインの購入方法

 

金融庁認可の「仮想通貨交換業者」

ライトコインは仮想通貨取引所、販売所で購入できます。

 

口座開設はこちら

 

ライトコイン(LTC)時価総額ランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム