「Google Authenticator」より「Authy」方が便利な理由と登録方法

二段階認証アプリauthy

仮想通貨の取引をする場合には、専用の取引プログラムを利用したり、取引所のマイページにログインする必要があります。しかし、仮想通貨の取引にはセキュリティ上の問題がつきまとうため、高い対策が求められます。

 

そこで現在主流となっているのが二段階認証というシステムです。これは、外部の認証システムが発行するワンタイムパスワードを入力しないと、プログラムやマイページに入れないというものです。本人が知っている個人のパスワードの他に、本人しか持てない端末で発行されるワンタイムパスワードも入れるということで、より強いセキュリティ対策となるのです。

 

この二段階認証で最も普及したのが「Google Authenticator」です。Googleが提供している認証アプリですが、このアプリはスマホでしか使えないというデメリットがあります。パソコンやタブレットとの連携がないので、万が一スマホを紛失してしまうと、その後プログラムなどにログインするのがかなり難しくなってしまうという恐れがあります。

 

その点、「Authy」はクラウド上で情報を共有できるようになっていますので、パソコンやタブレットなど、複数の端末で認証情報を見られるというメリットがあります。

 

スマホの紛失に備えるというだけでなく、手元に一番近い端末ですぐにログインできるようになりますので、より楽に仮想通貨の取引を始められるというのも嬉しいところです。多くの取引所でAuthyに対応するようになっていますので、利用する価値が十分にあります。

 

二段階認証アプリ「Authy」の登録方法

 

仮想通貨アプリや取引プログラムにアクセスするために、ほとんどの取引所では二段階認証を求めています。

 

むしろ、この二段階認証がないというところは、あまりセキュリティについての認識が高くないと言うこともできますので、二段階認証を採用していない取引所には注意した方が良いでしょう。仮想通貨取引をするにあたっては、二段階認証を使えるようにしておくことは必須となっているのです。

 

使いやすい二段階認証アプリの「Authy」は、誰でもすぐに始められます。まず、アイフォンであれアンドロイドであれ、アプリストアから「Authy」アプリをダウンロードします。アプリを開くと登録画面が出てきますので、そこに必要な情報を入力していきましょう。

 

具体的には、携帯電話番号、国番号、Eメールアドレスを入れます。すると、本人確認のための認証コードをメールもしくはSNSで送るかどうかの質問が出ますので好きな方を選ぶことができます。選んだ媒体に認証コードが送られてきますので、アプリの次の画面で求められるコード入力の欄にその数字を入れるだけです。

 

これだけで「Authy」を使えるようになりますが、もし複数の端末で使いたいなら「バックアップパスワード」を発行することで、パソコンやタブレットなどでも同期して使えるようになります。使いたい端末でも「Authy」アプリをダウンロードして、QRコードを使って認証を行うことで、すぐに複数端末での使用が始まります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム