2018年大暴落はバブル崩壊?それとも法規制の調整相場

大暴落の仮想通貨

 

2018年の仮想通貨の大暴落はバブル崩壊なのか?

 

ここ数年で仮想通貨についてさまざまなところで取り上げられるようになりましたし、実際に仮想通貨を始める方も増えてきました。ただ、ここ最近は仮想通貨に関してあまりよくない話ばかりを見聞きしている気がするという方も多いのではないでしょうか?

 

実際に、2018年に入ってからは仮想通貨の大暴落についてのニュースが多くなっています。もちろん、これは噂レベルではなく実際に仮想通貨の大暴落が起こったからこそ話題になっているのですが、この大暴落によって仮想通貨のバブルが崩壊するのではないかと主張する方も増えています。

 

これまで仮想通貨で億万長者になった方もいますし、それで仮想通貨に夢を抱いていた方も多いでしょう。だからこそ、余計にここ最近の仮想通貨の動きで絶望してしまうのかもしれません。

 

ただ、確かに仮想通貨で大暴落は起こったものの、バブル崩壊とまでは言い切れないでしょう。というのも、仮想通貨に限らず、これまで大暴落というのはさまざまな投資の分野で起こっていることなのです。

 

特に、仮想通貨というのはこれからさらなる発展が見込めるものです。まだ頂点を極めてもいないのですから、ここでバブル崩壊というのはまだ早いと言えるのではないでしょうか?

 

法規制の調整相場と考えたほうが現実的

 

仮想通貨に関しては、世界レベルで法規制の動きが高まっています。実際に、こういった法規制の動きによって仮想通貨の価格も変動していきます。

 

仮想通貨に限った話ではないのですが、価値が上がって熱が高まってくると今度は売りたい人が増えてきます。価値が上がっているうちに売りたいというのは誰もが考えることですので、当たり前の動きと言えるでしょう。

 

ただ、価値が上がって売りたい人が増えると、急激に価値が下がってしまいます。言ってしまえば、いろいろな人が売りに来るわけですから在庫が余ってしまうのです。一般的なお店でも在庫一掃セールなどで安くして売りさばく形になるのは目に見えています。

 

こういったことは仮想通貨の世界でも同じように起こります。このように価値が上がって熱が高まって逆に価値が下がってしまうことを調整相場と呼びます。ここ最近の仮想通貨における大暴落というのはこの調整相場であると考えてほうがいいかもしれませんし、そうなってくると今度にも期待が持てるようになります。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム