ICOに手を出すな!元本割れの可能性大

ICO

 

そもそもICOとは?

 

そもそもICOとはどのようなものなのでしょうか?ICOは「Initial Coin Offering」の頭文字をとったもので、「クラウドセール」「プレセール」などと呼ばれることもあります。

 

ICOというのは簡単に言ってしまえば、上場する前の仮想通貨の売買のことを指します。新しい仮想通貨を生み出した側にとっては資金集めとなり、ユーザーにとっては安くに仮想通貨を購入できる絶好の機会でもあります。

 

特に、ICOで購入できる仮想通貨というのは本当に安いです。安くに購入できるからこそ、その仮想通貨が高騰したときに大きな儲けとなりますし、それこそ億万長者を夢見ることもできるのです。

 

仮想通貨を生み出した側にとってはひとつの資金調達の方法でもあるのですが、ICOによる資金調達の金額は2018年の現時点ですでに昨年2017年の金額を大きく上回っていると言われています。逆に言えば、それだけICOが盛んにおこなわれているということです。

 

ICOには手を出さないほうがいい

 

ハッキリ言って、ICOには手を出さないほうがいいでしょう。というのも、これには先でお話ししたICOによる資金調達の金額が関係してきます。

 

ICOによる資金調達というのは本当に至るところでおこなわれていますし、その分、新しい仮想通貨も誕生しているということです。すでに仮想通貨の種類というのは数千という単位になっていますので、正直なところ飽和状態と言ってもいいでしょう。

 

選択肢が少なければ、その中から高騰してくるものも出てくるかもしれません。ただ、あまりにも選択肢が多いと突出するものが出にくくなってくるのです。

 

例えば、選挙でも複数の候補が出たために票が割れてしまうといったことはよくあります。これと同じようなことが起こってしまうのです。

 

それにもともとICOというのはリスクがあります。安く購入できるからこそビットコインのときのような億万長者を夢見ることができるのですが、その分のリスクも確実に存在します。

 

仮想通貨が一般的になったからこそ今では仮想通貨の詐欺といったものも横行しているのですが、その中でICOを利用した詐欺の話も実際に出ています。もちろん、ICOのすべてがそうであるというわけではないものの、やはりリスクがある以上は他の方法を探ったほうがいいのではないでしょうか?

 

関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム