カナダの仮想通貨投資ファンドの手法が明らかに

仮想通貨投資ファンドの手法

 

話題になったカナダの仮想通貨投資ファンドの手法

 

少し前にカナダの仮想通貨投資ファンドの手法が話題となりました。このカナダの仮想通貨投資ファンドというのは「リブモント・クリプト・ファンド」のことです。

 

リブモント・クリプト・ファンドは驚くべきことを発表しました。というのも、資産230万ドルのうち、91%を法定通貨で保有し、残りの9%をビットコインで保有しているということを明らかにしたのです。

 

資産230万ドルという時点でも驚きなのですが、さらに驚くべきはいつの時点で仮想通貨を売ったのかといったことも明らかにしたということです。

 

リブモント・クリプト・ファンドは長期トレンドを確認するためには有用だということで30日間移動平均に注目していました。その結果、30日間移動平均線を超えたタイミングで半分以上の資産をビットコインイーサリアムにつぎ込んだのです。

 

ただ、その後、急落してしまいました。しかしながら、それに関してはあまりネガティブに考えていないようで、良い買い場を待っている状態のようです。

 

楽観的に考えているその理由は

 

リブモント・クリプト・ファンドが資産をビットコインやイーサリアムにつぎ込んだ後で急落してしまったのですが、リブモント・クリプト・ファンドはこれに関して楽観的に考えているようです。

 

他の方であれば買った後で急落というと頭を抱えてしまいそうなものですが、なぜ楽観的に考えられるのでしょうか?

 

世間的には仮想通貨への興味が薄れてきていると考えられている傾向もあるのですが、リブモント・クリプト・ファンドは「相場をきちんと見ていればそれとはまったく逆のことが起こっていることがわかる」と言っているのです。

 

要は、リブモント・クリプト・ファンドは仮想通貨の相場をきちんとチェックしているということです。

 

こういった部分もありますし、仮想通貨取引所のバイナンスの純利益が最大で10億ドルに達する見込みであるといったことも楽観視できるひとつの根拠となっているようです。

 

10億ドルというと規模が大きすぎてイメージができないかもしれませんが、世界のどの一流銀行よりも高い数字なのです。

 

リブモント・クリプト・ファンドはカナダで積極的に仮想通貨を運用している唯一のファンドとなっています。ICOへの投資などにも興味を示しているということもあり、今後の動きが楽しみでもあります。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム