LINEが独自のトークンを発行するLINKエコシステムを発表

line-token

 

仮想通貨に大手企業が参入することによって、既存の仮想通貨の価値が上昇したり、新たな仮想通貨が生み出されたりしています。

 

特に最近では楽天が仮想通貨市場に参入することを発表して話題になりました。今後は仮想通貨が投機・投資目的ではなく、もっと幅広いジャンルで扱われていく可能性もあります。

 

そんな仮想通貨の進化を後押しするのではないかと考えられているのが、大手メッセージアプリとして世界中で使われているLINEの参入です。

 

LINKエコシステムの発表

 

LINEがブロックチェーン技術を利用したLINEエコシステムを発表したのは、仮想通貨業界では大きな話題となりました。

 

LINEは日本や東南アジアを中心に約1億6千万人ものユーザーがおり、ビットコインの2,800万人、イーサリアムの4,200万人といったユーザーの数を凌駕しています。

 

そのLINEが発表したのがLINKエコシステムであり、ユーザーがこのプラットフォーム上で提供される分散型アプリ内でどのようなアクションをするか、サービスにどう貢献したかによって独自のトークンが与えられるということになります。

 

これまではLINEの運営側とユーザーは対等の関係ではなく、あくまでサービスの提供者と受益者でした。LINKエコシステムによってユーザーが積極的にコンテンツを提供する生産者となることができるのです。

 

LINK

 

LINKエコシステムではLINKpointがもらえる

 

LINKエコシステムを利用すれば、独自のトークンを得ることができるようになります。海外向けにはこのトークンは「LINK」と呼ばれ、シンガポールの仮想通貨取引所BITBOXにて取り扱われることになりました。

 

しかし日本国内ではBITBOXが仮想通貨取引所としての登録がなされていないため、LINKを仮想通貨として取り扱うことができません。そのため国内ユーザーに向けてはLINKの代わりにLINKpointが付与されることになります。

 

LINKpointは現在利用されているLINEpointに還元できるので、今すぐにでもLINKエコシステムの利用方法を調べてみると良いでしょう。

 

今後LINEがさらに仮想通貨市場に進出し、独自の仮想通貨の発行や仮想通貨取引所への上場に踏み切った場合には、価格の大きな高騰が予想されます。

 

LINEを単なるメッセージアプリとしてだけではなく、トークンを稼ぐアイテム、ゆくゆくは仮想通貨の取引に使えるツールとする日が来るのかもしれません。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム