マウントゴックス事件当時と今

 

マウントゴックス事件とは?

 

仮想通貨について詳しくないという方でも「マウントゴックス事件」という言葉を見聞きしたことがあるのではないでしょうか?実際に、マウントゴックス事件というのはかなり大きな事件でした。

 

当時、もともとトーレディングカードの交換所であったマウントゴックスは、ビットコインの取引所として運営されるようになっていました。そのマウントゴックスでビットコインが消失したというのがマウントゴックス事件です。

 

しかも、消失したというビットコインの規模が桁違いでした。というのも、当時マウントゴックスが保有していた75万BTCと自社保有分の10万BTCが消失したのです。

 

当時、被害額は114億円だと報道されていましたが、当時の他の取引所の価格で改めて計算してみると470億円にものぼる被害額だったと言われています。言うまでもなく、マウントゴックスは大きなダメージを受けました。

 

ビットコインが消失したことによって、マウントゴックスの資産では債務をカバーすることができなくなりました。いわゆる債務超過に陥ってしまい、結果としてマウントゴックスは破綻することとなったのです。

 

これがマウントゴックス事件なのです。

 

マウントゴックス事件の教訓が生かされている今

 

マウントゴックス事件というのは、仮想通貨そのもののイメージを大きく損なう事件でした。実際に、このマウントゴックス事件をきっかけに仮想通貨に見切りをつけたという方も少なくありません。

 

しかしながら、今ではマウントゴックス事件によるイメージダウンといったものもだいぶ薄れてきました。マウントゴックス事件自体が忘れ去られつつあると言ってもいいでしょう。

 

ですが、今現在の仮想通貨の世界ではマウントゴックス事件の教訓がしっかりと生かされています。というのも、マウントゴックス事件はビットコインをホットウォレットに保管していたことが要因となったと言われているのです。

 

そのため、マウントゴックス事件以降はコールドウォレットで保管するのがセキュリティ対策としての常識となったのです。実際に、今日本で利用できる仮想通貨取引所や仮想通貨販売所ではコールドウォレットが当たり前のように採用されています。

 

実体のない仮想通貨というものを取り扱うのであれば、やはりより高いセキュリティ対策が求められます。マウントゴックス事件は仮想通貨におけるセキュリティを強化するきっかけとなったのです。

 

関連記事

 

セキュリティの強い取引所で口座開設
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム