三菱UFJフィナンシャルグループのレジなし店舗実験とは

三菱UFJ 独自通貨MUFGコイン

 

これまで買い物をする時には商品をレジに通すのが当たり前でした。徐々にセルフレジが導入されているスーパーマーケットや衣料品店なども増えてきていますが、レジを通さずに店外に出ることはできないでしょう。

 

しかし三菱UFJフィナンシャルグループの実験結果によっては、今後商品を手に取ってレジを通すことなく、そのまま店外に出ていくという買い物のスタイルが確立されるかもしれません。

 

 

MUFGコインでレジなし店舗の実験開始

 

三菱UFJフィナンシャルグループでは自社の独自通貨であるMUFGコインを使ったレジなし店舗の実証実験を開始しました。

 

レジなし店舗はすでに世界最大手の通販企業Amazonがアメリカで実際に営業しており、認証技術の正確性も実証済みです。

 

三菱UFJフィナンシャルグループではAmazonが使用している画像認識技術を使って、誰が商品を手に取って店外に出たかを認識したうえで、その人のMUFGコインアプリに請求が行われるというシステムを開発する考えです。

 

この画像認識技術は優れもので、一度商品を手に取って棚に戻した場合には請求が行われないようになっています。今後は顔認証の正確性をさらに高めること、加えてAIなどの機械学習の技術開発などに力を入れる模様です。

 

三菱UFJフィナンシャルグループの本部内での実験がうまくいけば、社外のコンビニなどでも利用される可能性があります。

 

MUFGコインとは

 

三菱UFJフィナンシャルグループの実験で興味深いのが、独自の仮想通貨として用いられるMUFGコインです。MUFGコインは1MUFJが1円になるように価格が調整されているため、価格変動がある仮想通貨とは一線を画しています。

 

さらにMUFGコインは利用者間の送金ができることから、仮想通貨と電子マネーのちょうど中間に位置するものと言えるでしょう。MUFGコインはまた、仮想通貨のように加盟店での決済に使えるようになることも検討されています。

 

加えて三菱UFJフィナンシャルグループは独自の仮想通貨取引所を設けてMUFGコインの利便性をさらに高めていきたい考えのようです。

 

厳密な意味では仮想通貨とも電子マネーとも違うMUFGコインですが、三菱UFJフィナンシャルグループとしては今後どのような用い方ができるかを実験によって模索していきたいところです。

 

もしかしたら誰も考えつかなかったような意外な使い道が見つかるかもしれません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム