ネムブロックチェーンによって仮想通貨決済が簡略化

ネムのブロックチェーン

 

仮想通貨の利便性が一気に向上する新型ブロックチェーンとは?

 

一般的に仮想通貨を利用する際に、まず始めに取引所から目的のアルトコインを購入し、それをウォレットで保管するという手間が掛かります。

 

例えばビットコインであれば取引所でウォレット開設し、ドル通貨から直接購入します。ただし後発のアルトコインの中にはウォレット開設後に、まずビットコインを購入して、そのビットコインで目的のアルトコインを購入しなければならないものも多く、その手続きが面倒なのです。

 

そこで仮想通貨決算を簡略化するために開発されたネムブロックチェーンを採用する事で、この面倒な手間を省くことができます。このブロックチェーンプラットフォームを採用しているアルトコイン・Pundi Xが非常に人気を集めていて、2018年1月にリリースされて以降、価格高騰傾向を継続中です。

 

Pundi XのPOSシステムで簡単決済が可能

 

Pundi XにはPOSシステムといって、QRコードを使った電子決済が行える利便性の高いシステムが提供されています。スマホなどにアプリをインストールすれば、ビットコインやイーサリアムネムなど他のアルトコインを一つのウォレットで取引・管理ができるのです。またウォレットにはQbaoやX WalletやNem Walletなどが利用できるのでとても便利です。

 

つまりPOS端末で現存するアルトコインのプラットフォームと互換性を持ち、ほとんどのアルトコインを利用する事ができます。

 

そしてドルやユーロ、中国の元や円といった法定通貨もそのまま使えますし、銀行カードでも簡単に支払ができるオールラウンドの決済アイテムとなります。ちなみにPundi X Passカードも提供されていて、クレジットカード感覚で世界中で決済できるようにもなっています。

 

このプロジェクトはインドで既に実用されていて、500店舗が導入済みの状態です。実際に電子マネーで支払いをする感じで、気軽に買い物などに利用されています。

 

Pundi Xの取引量が急増中

 

分散型取引所が取り扱っているオンオフチェーンのハイブリットタイプの中で、Pundi Xの人気は非常に高く、今後は多くの取引所に上場されていく事が期待できるでしょう。それによりPundi Xの流通力が向上し、通貨としての利便性はより高まっていくと期待されています。

 

Pundi Xはこの4月にXPOSのPOSデバイスをリリースしています。これはネムブロックチェーン対応の端末で、今後町の店舗での買い物や公共料金などの支払いができるようになるとされています。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム