仮想通貨PEPECASHの概要と将来性

ぺぺキャッシュ

 

仮想通貨は世界中に2,000を超えるほどあると言われますが、その生まれ方は様々です。企業が開発したものもあれば、ある業種間で使われるために発行されたものもあります。

 

そして掲示板から発生した仮想通貨もあります。有名なところでは旧2ちゃんねるから発生したモナコイン(MONA)があります。

 

しかし近年注目を集めているのが海外の匿名掲示板である「4ちゃんねる」から出た「PEPECASH(ペペキャッシュ)」です。

 

PEPECASHの特徴

 

PEPECASHの特徴の一つが4ちゃんねるで生まれたカエルのキャラクターです。現在PEPECASHはこのカエルのキャラクターが描かれているレアペペという名前のデジタルカードを売買するために用いられています。

 

レアペペにはいろいろな種類がありますが、発行数は限られています。ですから珍しい図柄のレアペペには高値が付きます。

 

ぺぺキャッシュ

 

PEPECASHはビットコイン(BTC)ブロックチェーンを使って作られたカウンターパーティーというプラットフォーム上で発行されているため、新たにレアペペが作られた場合にはまずこのプラットフォーム上で審査料金6,800 PEPECASHを支払い、審査に通過するとレアペペとして認定されるという仕組みになっています。

 

現在まだPEPECASHの価格は非常に安く、誰でも購入できるようになっています。

 

PEPECASHの将来性

 

今のところPEPECASHはレアペペを購入することにしか使えない仮想通貨です。しかし将来性は十分あると考えられます。その理由の一つがコミュニティが非常に強いということです。

 

海外では特にレアペペの人気が根強く、これからも取引が活発化していくことが予想されます。いずれ日本国内にもレアペペの波が押し寄せる可能性もあります。コレクターの間では、今後レアペペを使ってオンライントレーディングゲームができるようにしようという試みもなされています。

 

コミュニティの強さはすなわち仮想通貨の強さなので、今後価格が高騰することは十分考えられるのです。すでにPEPECASHの時価総額は150位前後に上昇しているため、世界中から注目を集めている仮想通貨の一つであると言えるでしょう。

 

また日本国内の認可された、Zaif(フィスコ仮想通貨取引所)での取り扱いもあり、安全な仮想通貨として金融庁からもお墨付きを得ています。

 

今後レアペペが世界中で認知されるにしたがって、コレクターが増えれたりゲームが浸透していったりすればより一層PEPECASHの価値が高まることでしょう。

 

ぺぺキャッシュの時価総額ランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム