楽天が発行する「楽天コイン」の将来性は

楽天コイン

 

仮想通貨には多くの投資家が興味を示していますが、世界中の企業も独自のトークンを発行することを検討しています。

 

自社から独自のトークンの発行ができれば、より容易に資金を集められるだけでなく法定通貨以外の決済が可能になるなど多くのメリットがあるからです。

 

そんな中、日本を代表する企業の一つである楽天の三木谷社長が、ブロックチェーンを利用した「楽天コイン」を発行する構想を発表しました。

 

楽天ポイントとブロックチェーンの融合

 

三木谷社長が「楽天コイン」構想を発表したのは2018年2月27日、スペイン・バルセロナで行われた「Mobile World Congress 2018」の基調講演でのことでした。三木谷社長は具体的な導入時期については明らかにしませんでしたが、今後どのように楽天コインが発行されていくのか注目です。

 

楽天コインは買い物をした顧客などに付与される楽天スーパーポイントを基盤とした新たな仮想通貨で、様々なサービスや店舗で使用できるように開発が進められます。

 

楽天は通販だけでなく非常に幅広い事業を手掛けていますが、楽天コインによって同じ人が受けている別々のサービスを一元化し、効率よく楽天スーパーポイントを活用できるようになるでしょう。

 

楽天はブロックチェーンの研究機関を英国に設立するなどブロックチェーン技術の開発に力を入れてきました。さらに楽天スーパーポイントは提供開始から現在にいたるまで、累計で約1兆ポイントが付与されており、もしこれらのポイントとブロックチェーン技術が融合すれば一大市場になることは間違いありません。

 

楽天コインで顧客囲い込みが可能に

 

楽天コインは楽天自身にも顧客にも大きな利益をもたらします。顧客は国内外のサービスのポイントを一元化して利用できますし、楽天としてもより多くの顧客が楽天コインを利用することになればさらに利益を伸ばすことも可能です。

 

楽天コインを持つことを目的として楽天のサービスをあえて選ぶ顧客も増加することが予想されます。したがって顧客の囲い込みが可能になるのです。

 

楽天は現在携帯電話事業への参入を実現し、金融事業、通信事業など多岐にわたるサービスを展開しています。それらすべてで楽天コインが利用できるようになれば、新規顧客の開拓、現在いる顧客の固定化も実現できます。

 

楽天コインは今後の仮想通貨市場への、さらに日本経済への大きな影響を与える暗号通貨となるかもしれません。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム