仮想通貨ステラとは?ビットコインを越えると注目されているその理由に迫る

ステラ

 

ステラは2014年に公開された仮想通貨

 

ステラというのは、2014年に公開された仮想通貨です。仮想通貨の話題で「リップル」という仮想通貨について見聞きしたことのある方も多いでしょうが、ステラはこのリップルの創業者でもあるジェド・マケーレブ氏が開発した仮想通貨でもあります。

 

2014年の公開当初は「ステラ」という名前で通貨単位は「STR」だったのですが、2015年にアップグレードして「ルーメン」という名前に変わり、通貨単位も「XLM」に変わりました。ただ、アップグレード前の「ステラ」という呼び方がいまだに使われていることが多いです。

 

アルトコインの中ではそこまで存在感がないように思えるかもしれませんが、数あるアルトコインの中で時価総額ではかなりの上位に食い込みます。言うまでもありませんが、人気もあります。

 

ステラはブロックチェーン技術を使い、人や銀行、決済システムをつなぐためのプラットフォームとなっています。つまり、ステラによってスピーディーに送金や受け取り、決済といったものができるようになるのです。しかも、低コストでありながらも信頼性の高い方法で国境をも越えてそれを実現できるのです。

 

ビットコインを越えると言われている理由は?

 

ステラはあのビットコインを越える仮想通貨になるとも言われています。ビットコインといえばすべての仮想通貨の祖であり、今もなお大きな影響を及ぼす仮想通貨における主軸です。なぜステラがそのビットコインを越えると言われているのでしょうか?

 

簡単に言ってしまうと、ステラはビットコインを反面教師にして作られた仮想通貨だからです。あのビットコインであっても、弱点やデメリットがまったくないわけではありません。ステラはビットコインの弱点やデメリットを克服した仮想通貨として存在しているのです。

 

例えば、ビットコインの決済というのはだいたい10分ほどかかると言われています。そう長い時間ではないものの、急いでいるときにはこの10分すらも惜しいでしょう。

 

一方で、ステラでの送金は瞬時に完了してしまいます。つまり、システムの面でステラのほうが優位性を持っているということです。

 

基本的に送金するにしても受け取るにしても決済するにしても、今の時代は時間もお金もかかるというのが現状です。それをクリアにしてくれるのが仮想通貨ステラだと言えます。

 

ステラの時価総額ランキング

 

 

 

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム