DApps(分散型アプリケーション)とは何?既にリリースされているDAppsサービスとは

dapps

 

2018年に入りブロックチェーンを利用したアプリケーション「DApps(ダップス)」という言葉をよく聞くようになりました。

 

ブロックチェーン技術がどんどん身近なものになりつつあり、一般の消費者はこれからDAppsによるサービスを利用することになるでしょう。DAppsとはどういうものなのかメリットやデメリット、既にリリースされているサービスなどを詳しく解説します。

 

 

DAppsの概念について

 

DAppsとはブロックチェーンを利用した「分散型アプリケーション」のことを言います。ブロックチェーンを利用しているので、中央管理者なしで運営・管理が可能となります。

 

また1つのサーバーにデータが保管されることはなく、ユーザーのサーバーに分散して共有されるのでデータが消失するリスクを軽減し、データの改ざんや安全性も高まると期待されています。

 

イーサリアムやイオス、トロンなどの仮想通貨でDAppsのプラットフォームが開発されていますが、元々はイーサリアムが分散型のアプリケーションを開発するために誕生しました。既にリリースされているDAppsも数多くあります。

 

DAppsの定義について

 

分散型台帳システムが使われているアプリケーショなら全てがDAppsということではなく、DAppsと定義されるには主に4つの条件があります。

 

・アプリケーションはオープンソースであり、自律オペレーションで非中央集権型であること。また、アプリケーションは提案やフィードバックに応じてプロトコルを適合させることができ、仕様などの変更の際はユーザーのコンセンサスを得る仕組みである。

 

・アプリケーションのデータは暗号化され、ブロックチェーンによって記録・公開されること。

 

・オープンに流通可能な仮想通貨(トークン)を持ち、アプリケーションを利用する際はそのトークンを利用する。ユーザーに報酬などが発生した際は、そのトークンが支払われること。

 

・.アプリケーションのネットワーク貢献によって取引が証明されるアルゴリズムであり、そのルールに従ってトークンが生成

 

ただ分散型のシステムが使われているのではなく、そのアプリを利用した際はそのアプリ内のトークンを利用するなどのルールがあります。特にDAppsのゲームやソーシャル系のアプリでは、トークンを報酬で支払ったり、トークンを支払って記事を購読したりされています。DAppsは広い意味で捉えられる場合もありますが、定義があることを覚えておきましょう。

 

通貨の公平性・透明性の担保はユーザーの合意によって実現

 

トークンを含むすべてのアプリケーションは、流通しているマーケットや、そのユーザーの合意の内にプロトコルを修正するシステムをもちます。

 

もちろん、修正後には必ずユーザーの合意が問われるシステムを持っていなければDappsとして定義されません。

 

Dappsによる経済活動の変革

 

既存の通貨(ドルやユーロや円など)には通貨発行権が法的に設定されていて、一部の国際金融エリートが世界中の通貨を独占しています。つまり、彼等の意思決定で経済が自由に操作できるシステムが構築されてきたと言えます。

 

しかしDappsの導入で中央集権が存在しなくなり、多くのサービス・コンテンツはネット上に解き放たれ、ブロックチェーンをベースにしてオープンに自動運営されるようになります。

 

具体的には、あるコンテンツを提供した場合に、その売上げはダイレクトに提供者へと回収され、金融機関や各国の行政による手数料等の中間マージンが発生しないシステムです。つまり中間搾取者が存在しないフェアーな経済環境を整えます。

 

ただし、中央集権型が無くなることでコントロールが及ばなくなるリスクも生じるでしょう。ユーザーが作るブロック内のコミュニティが健全に成長していかなければ、思わぬデメリットが発生しかねません。この辺はモラルとテクノロジーの融合の仕方次第で、現時点ではそのリスクを把握することが難しいとされています。

 

DAppsのメリットとデメリットについて

 

従来のアプリケーションと比較してDAppsであることでアプリを利用するユーザーや、その技術を活用してアプリを開発する企業にとってどういったメリット、デメリットがあるのでしょうか。

 

メリットについて

 

分散型台帳システムを利用しているので非中央集権であることで、アプリのシステムは自律しており、企業のサーバーに一括して管理する必要はありません。

 

従ってサーバーが何らかのトラブルを起こして、データが消失したり、管理者の意図による改ざんや、外部からのハッキングリスクを低くするメリットがあります。ユーザー側も自分のデータが消失したり、データが書き換えられる心配は少なくなります。

 

またアプリを運営する企業側はDAppsが自動でオペレーションされるので、管理側のコストも軽減されます。そのためユーザーはアプリ内の取引において手数料も安くなり、購入なども銀行を介す必要はありません。

 

デメリットについて

 

仮想通貨は取引量が多くなるとスケーラビリティ問題が発生するケースがあり、取引完了に時間が掛かったり、手数料が高くなる可能性があります。またトークンのボラティリティが不安定な点があります。

 

昨今言われている量子コンピュータは仮想通貨取引よりも高速処理を可能にすると言われ、量子コンピュータが現実化することで、DAppsのデータがハッキングされ改ざんされる可能性が将来あるかもしれません。

 

DAppsの活用例や実際にあるサービスについて

 

既にDAppsが利用されているアプリケーションやサービスはリリースされています。どういったものが活用されているのかを紹介します。

 

現在進められている仮想通貨による経済活動には、イーサリアムのスマートコントラクトがあります。これは取引条件をあらかじめ設定する事で、条件が満了すると同時に取引を執行するシステムです。これで決済効率が高まっています。

 

またトークンを利用した対戦型ゲームや、個人発の映像・音楽等のオンデマンドなどもあります。今後全てのサービスがDapps上で行われていく事が期待されています。

 

それでは活用例を見てみましょう。

 

分散型取引所(DEX)

分散型システムによって運営されている仮想通貨取引所があります。非中央集権なので中央管理者が存在しません。管理者が仲介しないのでユーザーのウォレット同士での取引となり、取引所に通貨を預けないのでハッキングされ盗まれるリスクも低くなります。

 

また分散型取引所に通貨を預けることもでき秘密鍵は自分で管理するので、運営している企業に通貨を預けることはありません。取引データはブロックチェーン上に管理されオープンなので、記録を改ざんされるリスクも軽減されます。

 

取引所側の都合で取引が停止したり、取引所自体が国家の政策や政治的な影響は受けにくいです。ただ要注意なのが自分のアカウントをハッキングされないようパスワードを工夫したり、2段階認証を必ず設定するなどして自分のアカウントは自分で守りましょう。

 

主な分散型取引所

イーサデルタ
ゼロエックス
カイバーネットワーク
バンコール

 

DAppsゲームアプリ

最も早くDAppsが活用され始めたのがゲーム分野になるでしょう。最初はゲーム内でのショッピングに仮想通貨が採用されていた程度ですが、ゲームシステム自体を分散型で開発するケースが多くなりました。

 

イーサリアムがDAppsを構築するために開発したプラットフォームによって、企業側が近年続々とDAppsゲームを開発するようになりました。イーサリアムだけでなく、トロンのプラットフォームでも開発され実際にリリースされています。

 

イーサリアム系

・ビットペット
イーサエモン
クリプトキティーズ
・イーサタン

 

トロン系

・TRONbet
・ Magic Academy

 

DAppsはゲームとの相性が良く、今多いのはゲーム内のモンスターをイーサリアムで購入し育成します。そのモンスターをイーサリアムで売買させたりバトルさせたりして楽しみます。レアモンスターなら数十万円以上の高値がつくこともあります。DAppsのRPG登場も近いかもしれないですね。

 

データを分散型ストレージで管理

グーグルドライブなどの無料オンラインストレージサービスというものがあります。オンラインなので運営している企業のサーバーがハッキングされるリスクがありますが、分散型ストレージ管理なので、ハッキングリスクは低く安全に利用者のデータは管理されます。

 

・Storj
・Filecoin
・Siacoin
・Bluzelle

 

ID証明や本人認証

スマートコントラクトのプラットフォームを利用することで本人の個人データや生体認証を紐付けすることでID証明や本人認証を行うことにも利用できます。土地の登記などでの本人確認をスムーズに提示したり、安全に利用することが可能です。

 

・Selfkey
・uPort
・Thekey
・Civic

 

DAppsのゲーム市場、今後の展望は?

 

課金率と課金単価の高さが桁違い

 

ゲームを通してお金を稼ぐことができる、dAppsゲーム。まだまだ認知度は低いものの、市場は確実に拡大しており、ベンチャー企業のみならず大手企業の参入もスタートしています。ゲームを楽しみながら仮想通貨に投資できるdAppsゲーム市場の可能性が期待されるところですが、今後、どのように広がっていくのでしょうか。

 

dApps市場のなかでもゲームは、現在のところそれほど多くの人たちから注目されているわけではありません。しかし一部の人たちから将来性の高い分野として大きな期待が寄せられており、ブログやTwitterによる拡散などで、徐々に認知度が高まってきました。

 

実際にも、バーチャル空間で不動産投資のブロックチェーンゲームが楽しめるイーサタウンの場合、リリースから1日半で取引高が3,000ETH(約1億3,500万円)を突破し、トークンの保有者への配当金額も総計で100ETHを超えるなど、成功を収める事例が登場しており、今後の展開が期待されるところです。

 

dAppsゲームで最も注目するべき点は、1人あたりの課金額が非常に高額であることです。

 

現在普及している一般的なゲームでは、課金率は5%程度。課金単価も3,000円から5,000円程度に留まっています。これに対してdAppsゲームは、課金率が何と100%。

 

さらに単価単価も数万円と、一般的なゲームとは桁違いの収益率を誇ります。プレイヤー数はまだまだ少ないものの、課金率と課金単価を見ると、非常に優秀な集金マシーンといえるでしょう。

 

透明性の高さが魅力

 

仮想通貨を活用した資金調達法では、ICOが知られています。ICOは現在も活用されていますが、dAppsが登場してからは、ICO投機から、dApps商品への投資へとニーズが代わりつつあります。

 

では投資家はなぜ、dAppsゲームへと投資対象を変えているのでしょうか。それはゲームそのものではなく、投資商品としてのdAppsゲームを1つのプロダクトと捉え、プロダクトに対する投資意識が高いことが理由と考えられます。

 

さらにdAppsゲームはブロックチェーン上にデータが記録されますから、これらのデータを隠すことができません。ファンダメンタル分析ではなく、ブロックチェーンに記録される売上高やデイリーアクティブユーザー数などの具体的データを参考にしながら投資を行えるのも魅力です。

 

このような分析法はICOでは不可能であり、よりフェアな判断ができる点がdAppsゲームへの投資へとユーザーを引っ張る大きな要因になっていると考えられます。

 

これまでベンチャー企業が中心となって開発が進められてきたdAppsゲームですが、その将来性を見込んで大手企業も参入しています。資金にゆとりのある大手企業の参画によって、プロモーションも大々的に行われると予想されますから、今後ユーザー認知度はますます高まるでしょう。

 

そして認知度の高まりに伴って、多くの投資家の参加が見込まれるdAppsゲームは、成長性の高い分野として今後も目が離せません。

 

DAppsについてのまとめ

 

仮想通貨を支えるブロックチェーンや分散型システムは世界中の企業からも注目されており、特に分散型システムを導入したアプリケーションは既に多くの種類が世に出ています。

 

基本的にオープンオープンソースなので透明性もあり、分散型なのでサーバーをハッキングという概念もなく安全性も高いです。今後、DAppsアプリが日本でも続々誕生する可能性はあるでしょう。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム