ICOとイーサリアムに興味があるなら知っておきたい「ERC20」とは?

erc20

 

ICOイーサリアムのことを調べていると「ERC20」という言葉を目にする機会もあると思います。

 

このERC20とはどんな意味なのか、イーサリアムとどう関係しているのか、またERC20のトークンであることでどんなメリットがあるのかなど詳しく解説します。

 

 

ERC20とは統一された規定の総称のこと

 

ERC20とはトークン名ではありません。これはイーサリアムのブロックチェーン上でトークンを開発する際の、統一された規定の総称を「ERC20」と言います。

 

この規定に従って作られたトークンを「ERC20トークン」と呼びます。例えば、時価総額ランキング5位のEOSがあります。これはもともとERC20トークンでした。現在は独自のブロックチェーン上で稼働しています。

 

イーサリアムは仮想通貨を開発するプラットフォームに特化しており、例えばどこかのプロジェクトがスマートコントラクトを搭載したトークンを作りたいといった場合、イーサリアムのブロックチェーン上で開発を行うことができます。

 

そこで開発したトークンがERC20に従って誕生したERC20トークンに属することになります。

 

なぜ統一された規定が作られたのか?

 

なぜイーサリアム上で開発する際にルールを統一する必要があったのか、それはウォレットで管理する際やトークンの送受信を統一するためです。

 

ERC20ができる前はそれぞれのトークンで開発言語や送受信方法などが異なり、ユーザーや取引所はは1つのウォレットで管理することができず、個々にウォレットを用意したりと多くの手間がありました。またそのトークンが安全なのかも判断がつきませんでした。

 

そこで最低限必要な機能、開発言語、送受信方法の統一、安全面などをテンプレートのように基準化することで、開発者もトークンが作りやすくなり、ウォレットも個々で開発するのではなく、イーサリアムやERC20に対応した1つのウォレットで管理することが可能になりました。

 

ユーザーや取引所は格段にERC20トークンの扱いが簡単になり、ERC20のICOにも参加しやすくなりました。またERC20に則っているので安全性も高くなります。

 

統一することでのデメリットもある

 

1つのウォレットでまとめて管理ができるなら、ICOに積極的に参加したり、ERC20トークンを何種類か持つことも容易になります。しかしウォレットが同じことで誤送信を招きやすいデメリットが生じました。

 

イーサリアムには、ユーザーが送受信の際に使用するアドレス以外に、スマートコントラクを実行するための「コントラクトアドレス」があります。つまりERC20トークンにアドレスが2つあるがために「コントラクトアドレス」に誤ってトークンを送金してしまうケースが多発しました。

 

イーサリアムの公式Gothubにも公開されていますが、5つのERC20トークンの誤送信によって消えたトークンの額は約3.2億円だそうです。

 

由々しき事態だと察したイーサリアムは、改善案として「ERC223」という規格が計画されており、誤送信してしまっても、トークンが戻ってくるようにするシステムが考案中です。

 

ERC20トークンの対応ウォレットアプリ紹介

 

ERC20トークンをまとめて管理するためのウォレットアプリはいくつかあります。またERC20トークンのICOに参加するためにはERC20に対応しているウォレットが必要になります。

 

MyEtherWallet

 

最もメジャーなイーサリアムウォレットです。ERC20トークンにも対応しています。日本語にも対応しているので初心者からも人気があります。オンラインではありますが、秘密鍵をオフラインでも管理ができるので安全性も高いです。
マイイーサウォレット

 

Ginco

 

株式会社Gincoが開発したイーサリアム系のウォレットアプリです。クライアント型なので秘密鍵はユーザー本人が管理するようになっているので安全性が高いです。

 

イーサリアム以外に10種類のERC20トークンに対応しているます。現在ではビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、ライトコインにも対応しているます。また2018年内にはデビットカード機能をリリース予定です。
ginco
関連サイト:Ginco

 

tokenPocket

 

トークンポケット株式会社が開発したイーサリアム系のウォレットアプリです。これもクライアント型で秘密鍵は本人が管理します。ERC20トークン以外の仮想通貨も合わせて8,000種類の仮想通貨を一括管理できます。12種類のDappsにも対応しています。

 

Metamask

 

Chromeアプリで軽く、送信手数料を上げて送信を早くすることができ、新しいアドレスの作成が簡単にできるようになっています。またイーサリアムベールの分散型取引所EtherDeltaとの相性も良いです。

 

ハードウェアタイプウォレット

 

TREZOR

 

Ledger Nano S

Ledger-nano-s
関連サイト:Ledger nano S

 

購入したいトークンがERC20かどうかを判断するには

 

購入したいと思っているトークンがERC20かどうかを判断するには、ホワイトペーパーを読んだり、公式サイトを確認するなどしなくてもわかる方法があります。既に上場されているトークンなら「コインマーケットキャップ」CoinMarketCapという時価総額ランキングを見ることができるサイトから確認ができます。

 

①コインマーケットキャップにアクセスします。

 

②トークンを検索できる欄に、例えば「TRON」と入力し検索します。

 

検索

 

③検索して出てきたページの左側に「Explorer」というリンクが2つあります。ERC20には2つある場合がほとんどです。リンクの先は、「Etherscan」と「Ethplorer」というサイトでERC20NOトランザクションや残高を確認するサイトです。

 

これでこのトークンがERC20トークンだということがわかります。

 

検索結果

 

ERC20トークンにはどんなトークンがあるのかを知りたい場合

特定のトークンがERC20かどうかは上記の方法で分かりますが、現在、どんなトークンがERC20なのか知りたい場合も、コインマーケットキャップで分かります。

 

①コインマーケットキャップにアクセスします。

 

②ページが開いたら「Rankings」というタブがありのでクリックすると下にたくさん出てきます。その中の「Tokens Only」の中にある「Full List」をクリックします。

 

トークン、フルリスト

 

③すると下のようにトークンが開発されたプラットフォームが表示されます。Ethereumとなっているのが、イーサリアムのプラットフォームで開発されたことがわかります。それらがERC20トークンということになります。

 

トークン、プラットフォーム表示

 

ERC20とはについてのまとめ

 

ERC20トークンは既に数多く存在しており、それだけイーサリアムの需要も多くなっているということになります。

 

またERC20トークンの中にも将来大きく成長すると見込まれるトークンも存在するので、購入際はしっかりとそのトークンについて調べ、またERC20トークン対応のハードウェアタイプのウォレットも用意しておくのが良いでしょう。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム