マイニングとは何か?仮想通貨によってマイニング方法が違う理由や種類について

マイニングの方法

 

マイニングは仮想通貨のシステムを支えるために必要な作業ですが、マイニングと言ってもそれぞれの仮想通貨によってマイニングのアルゴリズムが異なれば、マイニング方法も変わってきます。

 

例えばビットコインネムのマイニングルールが異なるので、ユーザー側のマイニング方法も変わってきます。また気軽に参加できるマイニング方法など詳しく解説します。

 

 

マイニング(承認作業)とは?

 

仮想通貨マイニング 発掘

 

マイニングを直訳すると「採掘」という意味になりますが、行なっているのは仮想通貨取引の「承認作業」です。取引を承認することによって、まだ発行されていない仮想通貨が新規発行されるので、まだ採掘されていないゴールドを掘り出した、というイメージになぞらえて「マイニング(採掘)」と呼ばれています。

 

では何故マイニングが必要なのかというと、仮想通貨はブロックチェーンの特性として分散型台帳技術があります。取引が記録されている台帳がユーザーのサーバーにダウンロードされ、台帳はインターネットによってユーザー同士で共有され、自動的にどんどん更新されます。

 

例えば、銀行のように1つのサーバーに管理されるのではなく、ユーザーのサーバーに保管されるので、誰かのサーバーからデータが消失しても、他のユーザーのサーバーには残っているので台帳は無事です。これをP2Pネットワークと言います。

 

したがって仮想通貨の取引は仲介機関を必要としません。仲介管理者を置かないために、送金手数料が銀行よりも格安で送金することが可能となりました。ただし「この取引には整合性があります」と承認する作業が必要です。それが「マイニング」です。

 

ブロックチェーンの概念について

 

ブロックチェーン

 

概念というと少し難しそうな感じがしますが、マイニングの仕組みを知る前に、「ブロックチェーン」はどんなものなのかイメージで知っておくことで、マイニングの意味が分かってきます。

 

ブロックチェーンの概念について簡単にご説明します。上記のP2Pネットワークは主には中央管理機関が存在しなくても、ユーザーが台帳を持っており、ネットワークで共有しているというシステムです。

 

それに加えて仮想通貨にはブロックチェーンという、取引データが全て繋がって保管される特徴があります。それが各仮想通貨の台帳になります。

 

取引データは「ブロック」と呼ばれる箱のようなものに格納されていると思ってください。箱と箱はチェーンで繋がれていきます。新しく生成された箱をチェーンで繋ぐためには、ハッシュ値と言われるアルゴリズムで生成される「キー」を暗号計算で見つけ出す必要があります。

 

見つけ出すことができれば、ブロックはチェーンで繋がれ取引は承認されます。この時に、まだ発行されていない通貨が新規発行され、それが報酬として取引を承認作業をしてくれたユーザー(マイナー)に支払われます。

 

ブロック生成

 

これがビットコインのマイニングアルゴリズムの仕組みです。アルトコインの中にはこれとは異なるルールを持ったものもあります。それが以下のアルゴリズムの種類になります。

 

 

マイニングアルゴリズムと種類について

 

マイニング

 

このマイニングアルゴリズムはマイニングの開発者が設計したルールと思っていください。このルールは仮想通貨によって異なりますが、大きく3つのアルゴリズムが存在します。独自開発したアルゴリズムの場合は当てはまらない場合もありますが、大体はこの3つに当てはまります。

 

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

PoWは上記で説明したマイニングのアルゴリズム「プルーフ・オブ・ワーク」と呼ばれています。ブロックを繋げるための「キー」を探し出すためにコンピューターに演算をさせますが、世界中のマイナーが競争相手になるので、高性能なコンピューターほど有利になります。

 

PoWを採用している仮想通貨はビットコインライトコインビットコインキャッシュモナコインなどビットコインのソースコードが元になっている仮想通貨はPoWのケースが多いです。

 

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)

PoSはPoWと違い、その通貨を保有している数量が多いほど優先的にマイニングに参加できます。つまりPoWはコンピューターや電力に多くの投資をできる人が有利になりますが、PoSは通貨をよりたくさん保有している人が有利になる仕組みです。

 

ちなみにイーサリアムが今後PoWとPoSの両方を兼ね備えた形になり、その後、PoSに完全移行する予定です。

 

プルーフ・オブ・インポータンツ(Pol)

これはネム(NEM)が採用しているアルゴリズムで、ネムの場合は10,000XEM以上保有しているユーザーがマイニングに参加できます。それに加え、ネムネットワークの貢献度もマイニングに有利に参加できるかどうかの条件になります。貢献度には取引量などが含まれます。

 

プルーフ・オブ・コンセンサス(PoC)リップルが独自に開発したアルゴリズム

これはリップルが使用しているアルゴリズムで「合意による証明」という意味があります。「Validator」と呼ばれる選ばれたユーザー代表者たちによって承認が行われます。8割の代表者たちが取引を承認すれば、分散型台帳に取引データを管理することができます。

 

つまりリップルのマイニングに一般のユーザーは参加することはできません。リップル社によって代表者たちは選ばれているので、ユーザーはリップル社を信頼することで、XRPの信用度も上がります。

 

プールマイニングとは

 

プールマイニング

 

リップル以外のアルゴリズムのマイニングは不特定多数のユーザーによってマイニングされているので、誰でも参加できるシステムではあります。しかしメジャーと言われる仮想通貨のマイニングは既に大勢のマイナーが世界中にいます。

 

しかも企業が資産を投じてマイニングに参加しているので、個人が高性能なコンピューターを使ってマイニングしても、規模に差があれば競争に勝つことはできません。個人がマイニングに参加する方法としてポピュラーなのが「プールマイニング」です。

 

プールマイニングでマイニングに参加

 

プールマイニング2

 

プールマイニングを行なっている会社に登録をし、パソコンのCPUを一部貸して他のユーザーと一緒にマイニングを行います。グループでマイニングを行うので高性能なコンピューターがなくても参加することができ、報酬はグループでの分配制です。

 

プールマイニングを行なっている企業はいくつかあり、そのシェア率を調べるにはhttps://blockchain.info/ja/poolsというサイトで確認ができます。最もシェアがあるのは「BTC.com」という企業です。

 

マイニング分配

 

マイニングとは?マイニング方法が違う理由に関してのまとめ

 

マイニングは仮想通貨のシステムを支える大切な作業の1つです。マイニングアルゴリズムはその仮想通貨によって異なります。

 

またメジャーな仮想通貨ほどマイニングに参加しても他のマイナーに勝てないケースもあります。それでもパソコン1台あれば参加できるプールマイニングがあるので、低コストで仮想通貨を得たいなら調べてみるのがいいでしょう。

 

でも、その前にこちらの「マイニングするぐらいなら仮想通貨を買った方がリスクが少ない」という記事も読んでおいた方が良いでしょう。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム