スマートコントラクト属性の仮想通貨とは?スマートコントラクトの活用事例

スマートコントラクト属性と活用事例

 

スマートコントラクトというとイーサリアムが代表的ですが、スマートコントラクト属性の仮想通貨も続々と登場しています。

 

イーサリアム上で開発されたスマートコントラクト属性の仮想通貨とは何か?実際に活用している事例から、管理できるウォレットアプリなどを詳しく解説します。

 

 

スマートコントラクトは自動実行される契約のこと

 

スマートコントラクト

 

スマートコントラクトの基本的な仕組みについて簡単に説明をすると、smart contract=「賢い契約」と直訳されます。つまり契約内容をプログラミングしておき、自動的に実行するシステムです。

 

イーサリアムのブロックチェーン上なら、契約内容を書き込めるよう開発されているので、スマートコントラクトが可能です。

 

契約がプログラムによって自動的に実行されるということは、相手からの虚偽情報の申請を認証してしまうリスクを減らすことが可能です。

 

またブロックチェーンを応用しているシステムなので、契約の履歴がオープンで記録されているので、透明性も高くなり安全性が向上します。

 

さらにブロックチェーンなので偽造はほぼ不可能であることから、第三者を介した公証を省き人件費を削減することも可能です。というようにブロックチェーンのスマートコントラクトには様々なメリットがあります。

 

画期的なシステムがイーサリアム上で可能になったため、イーサリアムのブロックチェーン上で仮想通貨(トークン)を開発するICOが急激に増えました。そういった通貨を「ERC20トークン」とも呼ばれています。

 

ERC20トークンとは何?

 

イーサリアム上で開発されるトークンが増えてきたことで「ERC20トークン」と呼ばれる通貨が登場しています。聞いたことある人もいるのではないでしょうか?

 

イーサリアムのブロックチェーンは、スマートコントラクトを搭載したトークンを開発することができるプラットフォームです。したがってそれらのトークンはイーサリアム上で稼働することになります。

 

管理するウォレットもイーサリアムとERC20トークンが対応しているものになります。

 

「ERC20」とはどういうことを意味するのかというと、「イーサリアムのトークンに関する提案の20番目のコメント」になります。

 

つまり、イーサリアム上でトークンを発行するための基準となる規格のことで、その規格に準じて開発されたトークンがERC20と呼ばれます。

 

なぜそういった規格が作られたのかというと、イーサリアムのブロックチェーン上で開発されながらも、プログラム言語が異なったり、アルゴリズムが異なっていたことで、一括管理できないなどの使い勝手の悪さがデメリットでした。

 

そこで規格を統一することでまとめて管理することができ、利便性を向上させることが可能になりました。

 

またERC20に基づくてトークンを発行する際に、総発行枚数や送金方法などはすでに規格でフォーマット化されているので、規格に沿って簡単にトークンを発行することが可能となりました。

 

購入したいトークンがERC20かどうかを知るには?

購入したいと思っているトークンがERC20かどうかを調べるために、ホワイトペーパーを読んだり、公式サイトを確認しても英文で難しい場合があります。

 

実はもっと簡単に知る方法があります、既に上場されているトークンになりますが「コインマーケットキャップhttps://coinmarketcap.com」という時価総額ランキングのサイトから確認ができます。

 

①コインマーケットhttps://coinmarketcap.comキャップにアクセスします。

 

②トークンを検索できる欄が右上にあるので、例えば「TRON」と入力し検索します。

 

トロン

 

③検索するとTRONのページが表示されます。画面の左側に「Explorer」というリンクが2つあります。ERC20には2つある場合がほとんどです。

 

リンクの先は、「Etherscan」と「Ethplorer」というサイトでERC20のトランザクションや残高を確認するサイトに繋がります。したがってこのトークンがERC20トークンであることが確認できます。

 

トロン2

 

スマートコントラクト属性と言われる仮想通貨の種類

 

スマートコントラクト属性

 

スマートコントラクトは主に契約をスマートに実行できることで、プラットフォームとしての役割を持っている通貨が多いです。企業間の契約や業務、銀行ではユーザーとの契約の際にも導入されています。

 

プロットフォーム系のトークンを使用することで、新しいサービスやプロジェクトを開発することができます。以下のトークンは特に有名なものになります。

 

仮想通貨 価格(2018年11月5日時点) 上場時期 特徴
Omni 555円 2013年8月31日 ビットコンの取引データに書き込むことが可能な金融系プラットフォーム
Ethereum 23,668円 2015年7月30日 スマートコントラクトを搭載するトークンの開発プラットフォーム
Ethereum Classic 1,065円 2016年7月23日 ハードフォーク前のイーサリアムであり、オリジナルイーサリアム
Lisk 316円 2016年5月24日 リスクのサイドチェーン上でスマートコントラクトを搭載するトークンを開発することができるプラットフォーム、自由度が高い
NEO 1,872円 2016年10月17日 中国版イーサリアム
EOS 621円 2017年7月1日 分散型アプリの開発に特化したプラットフォーム、高速処理

 

上記のようにスマートコントラクト機能を搭載している仮想通貨はいくつかあり、これらはイーサリアム上で稼働しているのではなく、それぞれ独自のブロックチェーン上で稼働しています。独自のブロックチェーン上で稼働しているものはERC20トークンとは言いません。

 

スマートコントラクトの実例紹介

 

クリプトキティーズ(CryptoKitties)

 

 

クリプトキティーズ

 

イーサリアム上のスマートコントラクトを利用している育成ゲームです。クリプトキティーズと言われる猫のキャラクターを育成し、ゲーム内で売買することができます。

 

取引通貨はイーサリアムになるので、レアキャラクターを育成することができれば、高額な価格で取引される場合もあります。

 

ゴーレム(Golem)

 

ゴーレムはP2Pネットワークを使い個人のパソコンを繋ぐことで、個人のコンピューターリソースを世界中でシェアすることが可能です。

 

世界中のコンピューターのリソースを借りることで、一般的なパソコンがスーパーコンピューター並みの処理スペックを持つことができます。

 

フィニー(Finney)

 

フィニーはブロックチェーンを初めて搭載したスマートフォンです。sirinlabsが販売しています。

 

このAndroidベースのスマートフォンは、分散型アプリケーションDApps、暗号化ウォレット用の安全なストレージ、トークン間の簡単な変換などの機能を備えています。

 

 

スマートコントラクト属性の仮想通貨と活用事例のまとめ

 

スマートコントラクトを利用することで、契約内容が不正されたり改ざんされるリスクが減り、コスト削減にも繋がる技術です。

 

また様々な分野に導入することができ、金融系などで既に実用化が進んでいる業種もあります。

 

これからもスマートコントラクトを活用したサービスが増えてくるので、今後に期待しましょう。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム