ビットコインとはいったいなんなの?どうやって手に入れる?購入方法とは

ビットコイン

 

ビットコインとは、仮想通貨の一つのことです。仮想通貨とは、日本円や米ドルのように一国の政府が発行するものではなく、特定の管理団体や政府が関わっていないという特徴を持っています。

 

国境による制限がありませんので、世界中どこででも自由に使えるという大きなメリットを持っているのが特徴です。

 

 

ビットコインとブロックチェーン

 

ビットコインとブロックチェーン

 

日本円などの通常の通貨の場合は、日本という特定の国の中でだけ使うことができ、他の国でお金を使いたいと思ったら、米ドルなどの現地通貨に交換する必要が出てきます。

 

そのためには、両替という手間がかかりますし、為替手数料が徴収されることになりますので、余計なコストがかかります。しかし、ビットコインなどの仮想通貨では両替という作業が必要なく、世界中で同じように使えますので余計な手間とコストがかからないのです。

 

この非常に便利な仮想通貨の先駆けとなったのがビットコインで、仮想通貨の第一号と言えます。現在数百を超える種類の仮想通貨が世界に存在していますが、すべての仮想通貨はビットコインの基本的な技術とアイディアを基にしているのです。

 

つまり、ビットコインの誕生なくしては現在の仮想通貨はありえなかったとも言えるでしょう。このビットコインの革新的な技術はブロックチェーンと呼ばれるものです。

 

ブロックチェーン 分散型アプリケーション

 

ブロックチェーンとは、世界中のユーザーすべてがビットコインの流れをチェックすることができるという仕組みで、世界中の人がコインの不正使用を監視できるというメリットを生み出します。

 

また、ビットコインの取引を行うための処理を、有志の人が自分のコンピューター処理能力を提供して行うという仕組みになっていて、誰でもビットコインの運営に参加できるというのも特徴です。

 

関連記事

 

ビットコインの生い立ち

 

ビットコインは2009年のネット上に、仮想通貨の具体的なシステムと運用方法を示した論文がSatoshi Nakamoto(サトシナカモト)という人物によって公表されたことから始まりました。

 

元々、仮想通貨やブロックチェーンについてのある程度のシステムやアイディア、技術は存在していましたが、それらすべてを結び付けて具体的なシステムとすることは成功してしませんでした。

 

しかし、このネット上の発表によって具体的な仮想通貨システムが一気に構築されることになり、すぐにビットコインの運用がスタートしたのです。

 

ビットコインの生い立ち

 

一人の人物によって構築されたビットコインですが、その運営はビットコインのシステム処理に参加しているユーザーすべてが行うことになりますので、開発者が意図的にその後の運用方法を変更することはできなくなっています。

 

開発者は技術開発と公表を行った後は、一人のユーザーとして運営に参加するだけとなったのです。その後ビットコインは世界中に広がっていきましたが、それほど急激な知名度の向上、価値上昇は見られず、むしろ怪しげな通貨システムとして世間から見られていたくらいでした。

 

しかし、2017年にバブルとも言えるほどの急激な高騰を見せ、ビットコイン所有者を一瞬にして億万長者にするという出来事が生じることによって、大きな注目を集めるようになりました。

 

ビットコインのマイニングについて

 

ビットコインのマイニング

 

ビットコインを手に入れるためにはいくつかの方法があります。

 

まず、仮想通貨取引所、販売所で購入できます。日本円からビットコインに交換するというものです。また、一般通貨の為替取引と同じ方法で手に入れることもできます。

 

もう一つは、通常の通貨と同じように、何らかの商品やサービスを売って、その代価としてビットコインで支払ってもらうというものです。

 

三つ目の方法として挙げられるのがマイニングというものです。

 

マイニング

 

マイニングとは、具体的に言うとビットコインの送金取引などの処理をするために、自分のコンピューターを提供することを意味します。ビットコインの運営は特定の組織が関与していないので、世界中のユーザーが有志で取引処理を行うことになります。

 

そのための処理は、世界中のコンピューターで分散して行っているのです。いわばビットコイン運営の協力者と言えるでしょう。この取引処理実行は無償で行われるわけではなく、その処理作業の量に応じてビットコインが報酬で支払われることになります。

 

これがマイニングと言われる作業で、ビットコインをゼロの状態から受け取る方法となります。

 

基軸通貨としてのビットコイン

 

 

仮想通貨は世界中に数百存在していますが、基軸となっているのがビットコインです。ビットコインの値が下がると軒並み他の仮想通貨も下がりますし、ビットコインが高くなると他の通貨も高くなるという傾向が強く見られます。

 

そのため、仮想通貨の取引を成功させるためには、まずビットコインの値動きの分析ができること、ビットコインの価値に影響を与える要素を読みとれることが重要となります。

 

また、アルトコインと呼ばれる他の通貨を取引する場合は、まずビットコインを購入してそこからアルトコインに交換する必要があることが多いので、現実的にビットコインを持っていないと仮想通貨の取引が難しいということも、基軸通貨としての存在感を強めているのです。

 

ビットコインと法定通貨の違い

 

ビットコインの時価総額は日本円で1兆円規模とされており、経済活動の国際的な基盤になるのではと期待されています。

 

そのため「法定通貨の安定性は揺るがない」と主張するアナリストも少なくありません。では、仮想通貨の代表的な存在であるビットコインと法定通貨の大きな違いについて考察してみましょう。

 

法定通貨は「国家が定める通貨」のこと

 

法定通貨とは、国家によって定められる通貨のことです。紙幣や硬貨などで使用されるのが一般的で、流通量は国の財政に応じて調整されています。

 

法定通貨を発行しているのは国が指定する中央銀行もしくは金融機関であり、国はあくまでそれに「お墨付きを与える」という立場になっています。通貨1単位当たりの価値は、国内外の情勢によって大きく変動していきます。

 

法定通貨の信頼性は国際社会における国家の立場によって変わります。経済的に豊かな先進国の通貨は信頼性が高く、証券会社などでも頻繁に取引されます。

 

一方、経済的に不安定で国力があまり強くないと考えられている場合、通貨の信頼性は非常に弱くなり、それがさらなる通貨価値の下落を招く、という事態へ繋がっています。

 

ビットコインはより自由度の高い通貨として認識されている

 

ビットコインには、特定の国家によるバックアップというものが存在しません。ただし、流通量はコンピュータ管理によってしっかりとコントロールされています。法定通貨のように、紙幣や通貨という形では流通していません。

 

電子データとして決済や投資などに利用されています。「電子データならいくらでも改ざんできてしまうのでは」と不安に感じる人もいることでしょう。法定通貨で言えば「偽札」という問題です。

 

とはいえ、ビットコインは「ブロックチェーン」という独自のシステムでデータの管理を行なっているため、不正なデータ操作を行なうことができません。

 

このシステムでは、すべての取引履歴がストックされており、必要であれば常に参照することができます。そのため、「自分のビットコイン口座を不正に増やそう」ということは不可能なのです。

 

国家による後ろだてが無いということから、「通貨としての安定性に欠けるのでは」という不安の声もあります。確かに通貨1単位当たりの金額が短期間で大きく変動するというのは事実です。

 

とはいえ、不正な取引ができないという観点から、通貨としての信頼性は法定通貨よりも高いと評価する声もあります。

 

ビットコインの購入方法

 

金融庁認可の「仮想通貨交換業者」

 

ビットコインは仮想通貨取引所、販売所で購入できます。

 

口座開設はこちら

 

ビットコイン(BTC)の時価総額ランキング

 

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム