ビットコインキャッシュの成り立ちと将来性は?

ビットコインキャッシュ(BTH)

 

ビットコインキャッシュ(BCH)とは、この名前からも分かるように、メジャーコインであるビットコイン(BTC)から派生した仮想通貨のことです。

 

 

ビットコインキャッシュの概要

 

仮想通貨ではハードフォークという派生が非常に重要な役割を果たしています。ハードフォークとは、いわば仮想通貨のバージョンアップのことで、より機能性を高めて仮想通貨としてより使いやすくするためのシステム改善を意味するものです。

 

そして、ハードフォークをすると、元のコインとは互換性がなくなりますので、根本となるアイディアや技術は一緒であるものの、オリジナルコインとは別の独立したコインとして扱われるようになります。

 

ビットコインからハードフォークによって分離、もしくは派生した仮想通貨がビットコインキャッシュということになるのです。バージョンアップしているわけですから、ビットコインの良さは持ちつつも、より機能的な改善が見られ、使いやすくなっているのが大きな特徴と言えるでしょう。

 

ビットコインキャッシュとビットコインの違い

 

ビットコインキャッシュとビットコインの違い

 

ビットコインは2009年に開発・公表されて以来、仮想通貨全体を引っ張る、まさにメジャーコインとしての役割を果たしてきました。

 

しかし、初期のシステムを使い続けているということもあって、どうしても機能的に古く使いづらいというデメリットがあります。

 

特にスケーラビリティという、仮想通貨処理のための容量が小さいという問題があり、ビットコインのブロックは1単位当たり1MB しかありません。この容量だと、大量の処理を一気に行うことができないので、世界中で需要が高まるにつれてどんどん処理の遅れが生じてきてしまいます。

 

実際にビットコインの取引では、決済処理完了まで1時間以上かかるのは普通になっていますし、何らかのイベントで取引が増大すると、最悪一日程度のトランザクション詰まりが生じることもあります。

 

こうした処理スピードの遅れは、仮想通貨そのものの機能として致命的とも言えるため、これを改善すべくハードフォークがなされてビットコインキャッシュが誕生したのです。

 

ビットコインのスケーラビリティが1MBなのに対してビットコインキャッシュは8MBと、実に8倍の容量を持たせることで、より速いスピードでの処理ができるようになっています。

 

ビットコインとビットコインキャッシュのブロックサイズ

 

2018年5月のさらなるハードフォークによって、ブロックサイズが8MBから32MBもの容量を持つことによりビットコインキャッシュが進化し使いやすくなっていくことになります。そして、この大きなブロックサイズを利用して、ビットコインキャッシュではスマートコントラクトを実装しました。

 

スマートコントラクトとは、単にコインを動かすだけでなく、その取引の中に契約条件を入れ込んで、コインの送金と同時に契約を発効させるという機能を加えることができるようになるものです。

 

ビットコインは技術的にこれ以上向上するのが難しい状況ですが、ビットコインキャッシュの場合は柔軟性が高いため、様々な改良をこれから加えていけるというのも、両者の大きな違いと言えるでしょう。

 

BCHを盛り上げる「SBIバーチャルカレンシーズ」 

 

ビットコインキャッシュを扱っている取引所は世界的に増えていますが、その中でも非常に注目度が高いのが、日本の大企業であるSBIグループが扱うSBIバーチャルカレンシーズという取引所です。2018年7月にオープンしました。

 

金融関連のサービスでも大手の企業ですので、この仮想通貨取引所のオープンは日本国内の仮想通貨取引の状況を大きく変える可能性が高いと考えられています。

 

そのSBIバーチャルカレンシーズが扱う仮想通貨の一つがビットコインキャッシュ(BCH)、なのです。しかも、SBIグループはビットコインキャッシュのマイニングを積極的に行っていて、かなりの金額をマイニングのために投資しています。

 

取引所オープンによってコインの取引自体もするようになりますので、さらなるシェア拡大につながりますし、ビットコインキャッシュ市場自体も大きく盛り上がることになるでしょう。

 

ビットコインキャッシュの未来

 

ビットコインキャッシュの未来

 

このようなことを考えると、ビットコインキャッシュの未来は非常に明るいと言えます。海外の取引所の中にはすでに、ビットコインではなくビットコインキャッシュを基軸通貨として用いるようになっているところさえ出てきました。

 

つまり、他のアルトコインを取引するためには、まずビットコインキャッシュを購入してから、アルトコインに交換するというシステムを採っていて、ビットコインキャッシュがないと取引ができないという状態になっているのです。

 

それだけ、ビットコインキャッシュが仮想通貨の中で重要な位置に上がってきているということが言えるでしょう。先を見るに敏なSBIなどの大手企業がビットコインキャッシュのマイニングに積極的というのも、この仮想通貨の将来性が高いということを示していますので、これからの動きには要注目です。

 

ビットコインキャッシュの購入方法

 

金融庁認可の「仮想通貨交換業者」

ビットコインキャッシュは仮想通貨取引所、販売所で購入できます。

 

口座開設はこちら

 

ビットコインキャッシュ(BTH)時価総額ランキング

 

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム