イーサリアムクラシック(ETC)について

イーサリアムクラシック

 

イーサリアムクラシックは、その単位をETCとする仮想通貨で、2016年に発行がスタートしました。

 

イーサリアムクラシックはこの名称からも分かるように、イーサリアムと同じ系統の仮想通貨となっていて、基本的な性能やシステムはイーサリアムとほぼ同じで、イーサリアムクラシックはIoTに特化したプラットフォームです。

 

ただし、イーサリアムクラシックの方がより非中央集権的なコンセプトが強いことや、セキュリティーの面での強化が図られているなどの特徴があります。

 

 

イーサリアムクラシックの特徴

 

イーサリアムクラシックは仮想通貨として、一般のインフラで通常通貨の代替手段として使うことができますが、それ以上にプラットフォームの利用がメインとされつつあります。

 

というのも、イーサリアムクラシックにはスマートコントラクトというシステムがあり、そのシステムが世界中の様々な企業や機関によって注目されているからです。

 

このスマートコントラクトとは、コインの取引情報の中に契約情報や条件を織り込むことができるというタイプのシステムです。

 

たとえば、100ETCを送ったら何らかのサービスにアクセスする権限が与えられ、自動的にユーザー名とパスワードが発行されるなどの条件を一緒に送信することができるのです。

 

しかも、こうした情報はブロックチェーンの中に記録されることになりますので、取引情報を確実に保存することができ、安全かつ確実なサービス提供ができるというメリットがあります。

 

イーサリアムクラシックの上限は今のところ決められていませんが、2億1000万ETCを上限とする案がコミュニティの中で優位になっていて、今のところこの数字が上限となるのではないかと考えられています。

 

まだ発行開始からそれほどの時間が経っていないということもあって、技術的な面などでの変更が将来的にたくさんなされることになり、その都度イーサリアムクラシックの価格が変動するという可能性があります。

 

仮想通貨取引のマーケットでも人気が高いですし、マイニングに参加するユーザーも多いので、これからさらに価値の上昇が見込まれる有望コインの一つに数えられています。

 

 

イーサリアムクラシックが誕生した理由

 

イーサリアムクラシック DAO

 

イーサリアムクラシックは、元々現在もあるイーサリアムと同じコインでした。しかし、2016年6月にThe DAO事件という問題が生じました。

 

これはオリジナルのイーサリアムから派生したトークンが不正アクセス被害に遭ってしまい、およそ50億円分のトークンが盗まれてしまったのです。

 

そこでイーサリアムは、この不正アクセスをなかったものにしようと、ブロックチェーンの記録をその不正アクセス前の記録に無理やり戻すという決定を下しました。

 

本来仮想通貨というのは、記録書き換えができない安全なシステムのもとで管理されている、コインの管理や運営を個人や一つの機関で行うことはないというコンセプトで成り立っています。

 

しかし、この事件によってイーサリアムは、仮想通貨の根本的なコンセプトをいわば否定するような、ブロックチェーンの書き換えという選択肢を取ることになりました。

 

この行為の是非はともかく、少なくともイーサリアムが取った行動に反発する大勢の人がいたことは事実で、その人たちが新たにイーサリアムから分裂して仮想通貨を作ったのです。

 

これがイーサリアムクラシックということになり、イーサリアムのより原始的な考えとコンセプトを大事にしようという意識を強く持たせて、新たなシステムの下でコイン発行を始めたのです。

 

イーサリアムクラシックとイーサリアムの違いについて

 

イーサリアムクラシックとイーサリアム

 

イーサリアムクラシックとイーサリアムそのものには、それほど大きな違いはありません。ブロックチェーンの生成の方法やスマートコントラクトなどの特徴は同じです。

 

しかし、前述の通り、イーサリアムクラシックはより不正アクセスなどに抵抗する意識が強いため、システムの書き換えをしづらくしていて、セキュリティー力を高めているという特徴があります。

 

一方で、イーサリアムに比べると柔軟性が低く、様々な新しいシステムや機能を高めているイーサリアムと比較して、機能変更のスピードが遅いと言えるでしょう。

 

また、The DAO事件を教訓にして、個人や特定の機関がシステム変更に手だしできないようにしていて、より非中央集権的な意識が強く、コミュニティで意思決定をするという姿勢が強いという違いもあります。

 

イーサリアムクラシックの将来

 

イーサリアムクラシック

 

イーサリアムクラシックは、仮想通貨時価2位のイーサリアムと基本的に同じ機能や性能を持っているため、マーケットでもイーサリアムの動きに合わせて価値が上下する傾向にあります。

 

日本でもそうですが世界中の取引所で取引ができる、主要アルトコインとなっていますので、安定した価値をこれからも保ち続けることができるでしょう。

 

コインの淘汰が進んでいく中でも高い機能性と多くのユーザーに支えられて生き残りの主要プレーヤーとなるのは間違いなく、将来性の高いコインと言えるでしょう。

 

イーサリアムクラシックの購入方法

 

金融庁認可の「仮想通貨交換業者」

イーサリアムクラシックは仮想通貨取引所、販売所で購入できます。

 

口座開設はこちら

 

イーサリアムクラシック時価総額ランキング

 

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム