急上昇を続けるイーサリアムの内容

イーサリアム、トップ

 

イーサリアムとは時価総額2位とビットコインの次を行く規模の仮想通貨で、非常に多くのユーザーが利用しているコインです。

 

特徴としては、スマートコントラクトと呼ばれるプロジェクトがあり、この技術は、世界的な大企業が名を連ねる「イーサリアム企業連合」が研究開発を行っています。

 

これからもさらに時価総額を上げていくと予想される注目の仮想通貨です。不動の人気を確立して将来性のある仮想通貨として多くの投資家の注目を集めているのがイーサリアムなのです。

 

ではイーサリアムが期待できるのはいったいなぜなのでしょうか。

 

 

イーサリアムの概要

 

イーサリアム2

 

イーサリアムが期待できると言える一つ目の理由は、時価総額ランキングで常に第2位を堅持しているということです。第1位は言わずと知れたビットコインで13兆円規模の時価総額を誇ります。

 

イーサリアムは2兆7千万円ほどの時価総額ですが、ビットコインとの差は確実に縮まってきており、いずれビットコインを抜いて第1位になるのではないかと見る向きもあります。

 

これまでビットコインと違い発行上限数が決められていなかったため、いずれ供給過多になり価値が下がることを懸念する声もありました。

 

しかし最大発行枚数を制限するシステムの開発が行われており、実装された場合にはイーサリアムの希少性が高まり、さらに時価総額が上がることが予想されるのです。

 

そして、この仮想通貨はヴィタリック・ブテリンというロシア系カナダ人が開発したシステムの上に成り立っていて、ビットコインと比べて処理速度が速いことや、汎用性の高いプログラミング言語を使用しているため理解しやすいという特徴を持っています。

 

ビットコインと同じく特定の組織や機関が運用を直接行っているわけではなく、分散型のシステムを構築しているという特徴もあります。

 

2013年に開発がなされてから急激に利用価値を高めていて、世界中の企業や個人がその技術を利用した使用方法を模索していますし、実際に様々な企業がイーサリアムの技術を活用して新しいサービスを構築するようになっています。

 

仮想通貨そのものの価値と共に、仮想通貨を構築するプラットフォームの技術にも高い注目が集まっているというのが大きな特徴と言えるでしょう。

 

プラットフォームとしての利用価値が拡大

 

ビットコインが取引の決済に用いられる通貨であるのに対し、厳密に言えばイーサリアムは通貨ではなくその他のサービスやプロジェクトを行うための土台、いわばプラットフォームです。イーサリアム内で用いられる仮想通貨をイーサと呼び、「ETH」で表されます。

 

WordやExcelといったプログラムがWindowsという土台の上で能力を発揮するのと同様、多くのアプリやサービスもイーサリアムのブロックチェーン上で開発され、ブロックチェーンを利用しながら提供されます。

 

ビットコインにもブロックチェーンはありますが、ブロックチェーン上でできるのはビットコインの価値を管理することだけです。しかしイーサリアムのブロックチェーン上では比較的自由に分散型アプリケーションDappsの開発が行えるため、世界中で人気が高まっているのです。

 

また、プラットフォームとしての機能でもっとも特徴的なスマートコントラクトによって、多くの新たなサービスやゲームなどが生み出されています。

 

イーサリアムのブロックチェーン技術を使って新たな仮想通貨も発行されており、それらの仮想通貨の中にはICOによって多額の資金を調達するものもあります。開発陣も休まず開発を続け、さらにイーサリアムのユーザーも開発に参加することが可能です。

 

つまりイーサリアムは、自ら進化し姿を変えながら、別のサービスやゲームの開発を助けるという役割をはたしているのです。

 

もちろんビットコインのようにマイニングも可能で、イーサリアムのトークンであるイーサを使った投資もできます。ブロックチェーン技術を用いて仮想通貨業界とは全く異なる業種にも進出することも可能で、プラットフォームとしての利用価値は高まるばかりです。

 

まだイーサリアムは完成しているとは言えず、これからさらに多くの機能を実装していくため、将来性のある期待できる仮想通貨だという多くの人の認識は変わることはないでしょう。

 

イーサリアムのスマートコントラクトとは

 

イーサリアム、スマートコントラクト

 

イーサリアムを語るうえでスマートコントラクトを外すことはできません。

 

スマートコントラクトとは契約された内容を自動で実行させる仕組みのことで、これにより仮想通貨の取引やブロックチェーン上での契約を確実に履行することが可能になります。

 

これは、仮想通貨の取引において、単にコインが移動したという履歴だけが記録として残るのではなく、その取引に契約事項を含めることができるというものです。

 

たとえば、一定額のイーサリアムが取引された場合、サービスの利用権が与えられるなどの契約事項を含めることによって、商取引をより効率よく進められるようになります。

 

また、不動産の取引においてイーサリアムの技術を用いて、売り主と買い手の間の契約を確実に検証可能なものとするという方法も採ることができます。

 

この情報はブロックチェーンという、第三者が書き換えたり消去することができないシステムに記録されるため、コインの取引履歴だけでなく契約そのものも確実になるというメリットがあるのです。

 

こうしたメリットがあるため、仮想通貨としての利用だけでなく、イーサリアムが持つスマートコントラクトという技術そのものを利用して商取引をスムーズかつ確実に進めようとする動きも世界中で見られます。

 

契約内容を確実にすることができますので、様々な商取引上のトラブルを防ぐのに役立つのです。このように、イーサリアムは仮想通貨としての価値だけでなく、そのシステム自体の技術にも注目が集まっているという点で、非常に注目度が高いのです。

 

さらに一度ブロックチェーン上に契約内容が記録されればハッキングによる改ざんが極めて困難なため、安心・安全な取引やサービス提供ができるのです。

 

これは非常に画期的なシステムで、これまで行われてきたインターネット上でのサービスの仕組みを大きく変える可能性を秘めています。

 

大企業が名を連ねる「イーサリアム企業連合」

 

イーサリアム、EEA

 

このイーサリアムが持つスマートコントラクトのアイディアと技術を、企業として取り入れて様々なサービスや契約事項をより効率よくすると共に、確実な内容として記録しようとする動きが強くなってきました。

 

この技術を活用しようとする企業が集まり、「イーサリアム企業連合」を形作るまでになっています。

 

JPモルガンなどの世界的な金融企業やマイクロソフトなどを始めとして、日本ではトヨタ自動車、三菱UFJファイナンシャルグループなどの大企業もこの連合を作っています。

 

イーサリアム企業連合

イーサリアム企業連合

 

イーサリアムの分散型システムの技術は、単に情報を記録するだけでなく、ビッグデータを収集してそれを効率よく確認するのにも役立つため、企業の情報収集や分析にも利用できるという特徴があります。

 

この特徴を生かして、トヨタ自動車ではAI技術や自動運転の技術を向上させる情報収集のためにイーサリアムのスマートコントラクト技術を利用したいと思っていることが伺えます。

 

走行履歴などのデータを効率よく参照して分析できますので、世界中から集まるデータをよりスピーディーかつ確実に利用できることになるでしょう。

 

こうした大企業が名を連ねる「イーサリアム企業連合」は、より仮想通貨としてのイーサリアムの価値を高め、信頼性を生み出すことに役立っていて、イーサリアムの時価を押し上げる一つの要因となっているのです。

 

マイナーの存在

 

イーサリアムに限らず、仮想通貨ではマイニングが行われています。イーサリアムにもマイナーがおり、ソロマイニング、プールマイニング、クラウドマイニングという三種類の方法でのマイニングを行っています。

 

もっとも一般的なのは複数のマイナーが協力して行うプールマイニングで、報酬を得る代わりに保有しているパソコンの計算処理能力を提供するという方法です。

 

さらにマイニングをしている企業や業者に投資することで報酬を得ることをクラウドマイニングといいます。こうした様々な方法でイーサリアムの開発が円滑に進むようにしているため、マイナーの存在はイーサリアムにとっても重要なのです。

 

イーサリアムのDappsゲーム「イーサエモン」とは

 

イーサエモン

 

イーサリアムのブロックチェーン技術を用いたDAppsと呼ばれる非中央集権的な分散型アプリケーションの中でもっと熱いカテゴリーがゲームです。

 

イーサリアムのDappsを構築しているスマートコントラクトは、オンラインサービスの提供にもっとも活用しやすいと言えるでしょう。このメリットを活かしたオンラインゲームが登場していて、その名も「イーサエモン」というものです。

 

ゲームの内容としては、イーサエモンをゲットして育てていくという流れで、様々な経験を積んだり装備を与えたりしてレベルアップさせ、他の敵とバトルするという遊び方ができます。

 

このゲームではイーサリアムそのものが使われますので、手数料が発生したり課金システムではイーサリアム利用が求められることになります。イーサリアム好きの人が集まるコミュニティの一つという見方もできるゲームです。

 

また、育てたキャラをコミュニティの中で売ることもできますので、投資タイプのゲームとも言えます。仮想通貨が生み出した新しいタイプのゲームで、イーサリアムの可能性を押し広げてくれる実に興味深いサービスの一つとして評価されています。

 

イーサリアムの購入方法

 

金融庁認可の「仮想通貨交換業者」

イーサリアムは仮想通貨取引所、販売所で購入できます。

 

口座開設はこちら

 

イーサリアム(ETH)時価総額ランキング

 

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム