管理者プロフィール

当サイトをご覧下さり、ありがとうございます。

 

リプッラー管理人の りあ と申します。

 

このサイトは下記内容の仮想通貨の情報サイトです。

 

サイト内容

 

金融庁認可のおすすめの仮想通貨取引所をランキング形式で紹介

 

 

仮想通貨投資を始める前の初心者向けの入門記事

 

私がメインで保有してる銘柄はリップル(XPR)です。

 

株で得た利益でリップル(XPR)を購入、保有しており、数年ガチホしようと思っています。因みにガチホとは「ガチでホールド」「長期に渡ってホールドします」という意味です。

 

一応その理由を書いておきます。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

私は何故リップルをガチホするのか?

 

2020年頃の予想価格は1000円以上になると言われている

 

リップル(XPR)は2018年現在60円くらいですが、2020年の予想価格は1000円以上なるのではないかと言われています。。リップルが本格的に稼動すれば更に上昇する見込みがあると言われています。

 

リップルネットワークは銀行と銀行を繋げ、法定通貨の国際送金をわずか4秒という高速で完了させることができる技術を持っています。リップルネットワークを使用する際に消費される仮想通貨がリップル(XPR)です。

 

ほぼ独占状態のリップル社の技術

 

リップル社が開発した銀行間の国際送金を即完了させるサポートシステムは、ブロックチェーンを活用した技術ですが、自分たちの仮想通貨を法定通貨の代替えとして普及させるのではなく、あくまで法定通貨の送金サポートに徹している仮想通貨は他にはありません。

 

他にはない技術であることからほぼ独占状態とも言え、尚且つ、リップル社の技術は世界中の金融関連企業が注目しています。すでに日本の大手銀行もリップルネットワークに参加しています。またリップルネットワークを使った国際送金の実証実験なども行われており、着実にリップルのプロジェクトは進行しています。

 

すでに100社以上の企業と契約済み

 

2018年9月6日にカリフォルニア州で行われたカンファレンスで、リップルの共同設立者兼CEOのクリス・ラルセン氏は「すでに100社以上の企業と契約済み」だと発表しました。多い時は週に1つの銀行と契約を結んでいた時もあったと話しています。

 

しかもグーグルといった大手IT企業も出資をしており、リップルがどれだけ世界から注目されているのかが分かります。また国際送金というのは、海外に出稼ぎに行っている人にとってはなくてはならないものです。

 

母国にいる家族に仕送りをするために、通常の国際送金なら高い手数料が発生し、尚且つ時間がかかります。仲介する銀行がいくつも存在するので高い手数料になりますが、リップルを使った国際送金ならわずか4秒でしかも手数料もかなり抑えることが可能です。

 

大手国際送金会社がリップルのブロックチェーンで送金開始

 

大手の国際送金会社TransferGo社はリップルのブロックチェーンを使って国際送金を開始したと発表しました。リトアニアとロンドンに拠点を置いており、ヨーロッパからインドへの国際送金に力を入れています。

 

数多い仮想通貨の中で実際にしっかりと使用されている通貨はビットコインイーサリアムぐらいです、そんな中でリップル(XPR)は手数料として使用されるという明確な将来性があります。

 

仮想通貨よりもまだまだ法定通貨を利用

 

仮想通貨は確かに便利な面も多くありますが、まだまだ法定通貨の方が利用されています。仮想通貨の市場はまだ安定せず投機的な目的の方が大きいです。

 

国際送金は2億3,200万人存在すると言われている移民・出稼ぎ労働者にとっては必要なものです。数多くの企業と提携しているリップル(XPR)が将来、現在の価格よりも上がっている可能性は大いにあると言えるでしょう。

 

私はナンピンでリップルを増やしている

 

リップラー仮想通貨女子

 

リップラーの管理人はコツコツと安くなった所で買い集めています。

 

「あの時買っておけば」って後で後悔するパターンが一番嫌だったので、2018年5月頃からちょっとづづ、ナンピンも兼ねて買っています。

 

因みにナンピンとは「難を平らにする」と書きます。ナンピンの目的は価格が下がった所で買い増しして、平均購入単価を下げることです。

 

「ちょっとづづ」っていう所がミソです。

 

ナンピン

 

リップルの注意事項~撤退する時

 

注意

 

私は基本ガチホなのですが、下記のような時は注意が必要です。

 

注意が必要な危険な事象

 

銀行等の業務提携が不採用になった場合、リップルの価値が無くなる可能性が出てきます。

 

業務提携・出資がなくなってしまったら、手放した方が良いでしょう。

 

リップル関連記事

 

その他の関連記事

 

口座開設はこちら

 

運営者情報

 

運営者名 coinmerry運営事務局
管理人 飯沙莉亜
サイト内容 仮想通貨や取引所に関連する情報サイト
お問い合わせ メールフォーム
その他 免責事項

当サイトの情報を用いて行う一切の行為・被った損害・損失については、一切の責任を負いかねます。

 

最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。ご了承ください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム