リップル(XRP) 特集

手軽に支払いができるMoney TapSBIホールディングスが2018年10月4日、リップルを使ったスマートフォン用送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」をリリースしました。このアプリは個人間の送金を、安全かつリアルタイムに行えるのが特徴です。MoneyTapに対応している銀行であれば、銀...

リップル(XRP) 特集

Wirex(ワイレックス)とは?Wirexはデジタル通貨プラットフォームの1つで、ロンドンを拠点としています。欧州経済地域では30ヶ国で170万の顧客がWirexを利用。これまでWirexはビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)の2つの仮想通貨をサポートしていましたが、第三のサポート通貨とし...

リップル(XRP) 特集

アメックスとリップル提携の歴史アメリカン・エキスプレス(アメックス)とリップル社は、2017年11月に提携を発表していました。大手クレジットカードを運営するアメックスにとって、国際間決済における時間と手数料の壁は課題でした。そこで決済スピードの迅速さで知られるXRPを実装することで国境を超えた決済の...

リップル(XRP) 特集

仮想通貨を用いた投資が近年大きな注目を集めています。特定の銘柄でデイトレードを行なって儲けを狙う人もいれば、上場前の銘柄を保有することで上場後の売却益を目指すという人もいます。とはいえ、毎年数多くの新規仮想通貨が登場している中で、「どの銘柄を選んだら良いのか分からない」という悩みを抱える人は多いこと...

リップル(XRP) 特集

RippleNetと関連する3つのプロダクトとは「価値のインターネット」の実現を掲げて創設され、同名の仮想通貨XRPで知られるリップル社。リップルが他の仮想通貨会社に比べて特に力を入れているのが国際送金システムです。リップル社はより安く、より簡便にを目指し、RippleNetといわれる国際送金ネット...

リップル(XRP) 特集

13億の超巨大市場へ漕ぎ出すリップルヨーロッパ圏でのリップル社副社長ジェレミー・ライト氏は分散型台帳プラットフォームの利用を拡大するためのターゲットとして、中国を見据えていることをCNBCの電話インタビューで明らかにしました。中国は仮想通貨の国内取引を禁止していることで有名ですが、そこになぜリップル...

リップル(XRP) 特集

リップル(XRP)をバイナンスの基盤通貨にしよう、というツイートの意味とは?2018年8月9日にC3|Nik氏(@C3_Nik)が発信したツイートが話題になっています。「リップル(XRP)をバイナンスの基盤通貨にすべき」という内容のツイート、詳しく説明していこうと思います。リップル(XRP)というの...

リップル(XRP) 特集

リップル(XRP)の特徴は総発行量の多さで、発行数上限を1000億XRPとしています。そこで開発元のリップル社は、約600億XRPほどを保有していて、近年インドでの通貨利用に尽力していると噂されています。元々リップルの最終目標は、価値あるインターネット・IoVを目指していて、まず初期段階で国際送金市...

リップル(XRP) 特集

数秒で国際決済が可能なXRP・リップル国際経済における通貨の役目とは、迅速にかつローコストで取引決済を行う事です。これまでドルやユーロ、元、円といった国際通貨が銀行の仲介によって交換され、その流れの中で取引決済が行われてきましたが、取引完了後に口座に金銭が反映されるまでに数日間のタイムラグが生じたも...

リップル(XRP) 特集

混同されることが多いリップル社と仮想通貨リップル(XRP)リップルはXRPを単位とする仮想通貨です。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの有名な仮想通貨と並ぶ知名度を持っています。ビットコインやイーサリアムと違うのは民間企業のリップル社が国際送金システムなどに利用している点です。仮想通...

リップル(XRP) 特集

リップルのスマートコントラクトCodius仮想通貨はそれぞれに異なる個性を持っていますが、時価総額2位の位置につけているイーサリアム(ETH)は、スマートコントラクトという技術的な優位性を持っていて、そのために大きな支持を得るようになっています。このスマートコントラクトとは、仮想通貨を取引する際に、...

リップル(XRP) 特集

リップル(XRP)が人気の理由仮想通貨と一口に言ってもいろいろなものがあります。仮想通貨を代表する存在がビットコインですが、ビットコイン以外のアルトコインの中にも注目されているものは数多く存在します。しかも、それぞれの仮想通貨が特色を持っているのです。それぞれにコンセプトがあるといってもいいでしょう...