先駆者イーサリアムを追うリップルのスマートコントラクトCodius

リップルのスマートコントラクト

 

リップルのスマートコントラクトCodius

 

仮想通貨はそれぞれに異なる個性を持っていますが、時価総額2位の位置につけているイーサリアム(ETH)は、スマートコントラクトという技術的な優位性を持っていて、そのために大きな支持を得るようになっています。

 

このスマートコントラクトとは、仮想通貨を取引する際に、そのコインにいわゆる契約を取引情報に乗せられるというシステムのことを指します。たとえば、一定のコインを支払ったら自動的にゲームやアプリなどへのアクセス権限を得られるようになるというもので、単なる通貨の移動だけでなく契約条件を乗せて、それを発動できるという大きな特徴を持っているのです。

 

このスマートコントラクトの機能を、時価総額でイーサリアムを追いかける形になっているリップル(XRP)も装着することになりました。このシステムを「Codius」と呼んでいます。これにより、リップルはより多機能な仮想通貨として使用できるようになり、さらなる利用者の拡大を期待できます。

 

Codiusの優位性とは

 

Codiusはイーサリアムのスマートコントラクトと似た仕組みを持っていますが、よりシンプルで分かりやすい構造を持っていて、それほど高度な技術を持っていない人でも契約条件などをコイン取引上に乗せられるようになっているのが特徴です。

 

イーサリアムのスマートコントラクトは非常に優れていますが、技術的に難しく、誰でも気軽に利用できるというものではなかったので、リップルの優位性が際立つことになります。リップルの仮想通貨としての利便性が、この変更によりぐっと高まったと言えるでしょう。

 

プログラミング言語には仮想通貨リスクLISK(LSK)と同様に、JavaScriptが採用され、特別なプログラミング言語は必要としません。利用者の多いJavaScripを採用しているだけに技術者のプログラミングが容易になるという事は大きな強みです。

 

さらにCodiusは、ビットコイン(BTC)やイーサリアムのスマートコントラクトとは違い、独立したホスト上で機能するため、ブロックチェーンを基盤としていません。他のブロックチェーンからの読み書きが出来ることから、「相互運用性の問題」という、これまでの大きな課題を解決に導きました。

 

スマートコントラクト

 

スマートコントラクトがイーサリアムプラットフォーム上に実装されたとしても、イーサリアム(ETH)、ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)は、それぞれが独立した構造になっているため、他の通貨には影響を及ぼしません。

 

Codius

 

Codiusでは、Interledgerを使用することにより、あらゆる種類のドルや円などの法定通貨や仮想通貨をインターレジャープロトコル(ILP)によって結びつける事が可能になります。

 

現在のリップルよりCodiusは高速で、セキュリティにおいては一段と強化されます。今後のCodiusの出現によりスマートコントラクトへのさらなる期待が寄せられます。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム