リップルネットワークを使った送金アプリMoneyTapをリリース 世界で急加速が止まらない!

MoneyTap

 

 

手軽に支払いができるMoney Tap

 

SBIホールディングスが2018年10月4日、リップルを使ったスマートフォン用送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」をリリースしました。このアプリは個人間の送金を、安全かつリアルタイムに行えるのが特徴です。

 

MoneyTapに対応している銀行であれば、銀行口座から銀行口座へ、365日24時間、ダイレクトに送金することができます。リップルを使った送金用アプリは、日本では初となります。

 

Money Tapは入出金時の手間や手数料がかかるチャージ型のウォレットアプリとは異なり、インターネットバンキングの銀行口座があれば、即時に決済できるのが特徴です。

 

送金先の指定は銀行の口座番号以外に、携帯電話の番号やQRコードを使うことができ、とても手軽に送金できるというメリットがあります。さらに指紋などの生体認証と組み合わせ、セキュリティ機能も万全です。

 

アプリの正式リリースに先立って住信SBIネット銀行とスルガ銀行、そしてりそな銀行の3銀行は、今年の4月から利用者を限定した試験運用を行ってきました。

 

今回、住信SBIネット銀行の子会社であるSBI Ripple Asiaが電子決済等代行業の登録を完了したことを受けて、正式リリースとなりました。Money TapアプリはGoogle PlayまたはApp Storeから無料でダウンロードできます。

 

 

3万円以内の支払いなら無料で送金可能

 

2018年10月現在のところ、住信SBIネット銀行、スルガ銀行及びりそな銀行のみの送金となっていますが、今後はMoney Tapが使える銀行を増やしていく方針で、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループなどのメガバンクを始め、61の銀行が利用可能になる予定です。

 

送金に必要な手数料は銀行によって異なりますが、住信SBIネット銀行とスルガ銀行、りそな銀行の先行3銀行に限り、1回につき3万円以内、1日に10万円以内の送金については、手数料無料で利用できます。

 

手数料を無料とすることで、これまで銀行振り込みがためらわれていた少額送金の利用者を増やしていく戦略です。

 

Money Tapで銀行間の送金をダイレクトに行えるようになれば、キャッシュレス化が進み、送金の手間を大きくはぶくことができます。

 

特に1回に3万円以内の少額支払いで手数料が無料になるサービスを活用すれば、支払いの手間が省けるだけでなく、送金コストを節約することにつながるので、多くのユーザーから支持されるのではないかと考えられます。

 

スペイン最大手のサンタンデール銀行も今年4月からリップルを活用したサービスを提供しています。SBIホールディングスのMoney Tapと異なるのは、スペイン国内だけでなくイギリスやポーランド、ブラジルなど海外でも利用できる外国為替サービスが行われていることです。

 

リップルの普及によって今後ますます国内、国際間の通貨取引サービスが充実すると期待されます。

 

世界で急加速が止まらない!リップルのネットワーク

 

xrp世界で急加速

 

2018年10月4日、SBIホールディングスがリップルのスマートフォン向け送金アプリMoney Tapをリリースして注目を集めていますが、このアプリは、米リップル社が提供するリップルネットを活用した日本初のアプリで、個人間の銀行口座による送信を、簡単かつ安全に行えるのが特徴です。

 

Money Tapは、SBIホールディングスとリップルの合弁企業のSBIリップル・アジアが提供しており、24時間365日、国内での口座送金が利用できる次世代型のサービスです。

 

Money Tapは日本国内のみの利用となっていますが、リップル社ではリアルタイム決済が行えるプラットフォームのリップルネットを、次世代の国際送金・決済システムのスタンダードにする戦略を進めています。

 

この戦略を実現するために世界各国の主要銀行、国際送金決済業社との提携に注力しており、2018年現在、リップルネットに参加している金融機関は100以上といわれています。

 

しかもスペイン最大手のサンタンデール銀行やアメリカンエクスプレスなど、世界的な金融企業が数多く参画しています。その結果、リップルのネットワークは北米をはじめ南米やヨーロッパをはじめ、アジアやアフリカの40か国以上に及ぶといいます。

 

わずか数十秒で国際送金が完了

 

世界的な金融機関が参入するまでにリップルが急成長した背景には、国際送金市場の拡大があるとみられています。国際送金市場は過去10年間で約400%もの成長を遂げており、低価格かつスピーディーに送金できる国際ネットワークのニーズが急激に高まっているからです。

 

リップルネットはこの市場ニーズに応えてられ、将来性の高いシステムとして評価されています。

 

世界銀行の発表によると、新興国の経済発展によって、2017年の国際送金は6,000億ドル超。そして2018年は、これをさらに上回る6,420億ドルに達する見込みです。

 

また、経済成長が著しい新興国では、企業の60%以上が中小企業であり、このような企業にとって、スピーディーな支払いは死活問題です。

 

xCurrentはリップル社の製品の一つですが、即座にメッセージが送受信できるとともに、送金のプロセスが可視化できるソフトウェアです。

 

xCurrentを使えば、国際送金の大きな課題であった煩雑な手続きが不要になり、これまで数日が必要であった国際送金が、わずか数十秒で完了します。作業を効率化でき、さらにコストも削減できるサービスの登場で、国際送金市場はますます拡大するのではないかと期待されます。

 

着々と広がるリップルのネットワーク

 

xrpの勢い

 

リップル社の共同創設者でありCOOを務めるクリス・ラーセン氏が2018年9月6日、米国カリフォルニア州にて開かれた仮想通貨とブロックチェーン投資会議である「Crypto Finance Conference(クリプト・ファイナンス・カンファレンス)」で基調講演を行いました。

 

この講演でクリス・ラーセン氏は、銀行など金融機関や企業と着々と提携が進んでいると説明しています。

 

現在、ネットワーク契約を交わしている企業は、上記に述べた通り100社以上。金融業界にとって仮想通貨は、もはや見逃せない重要なリソースの一つとなりつつ在るといえるでしょう。

 

そしてこれら100以上の契約企業は、単にリップル社のソリューションの検証のみでなく、ゆくゆくはリップル社の製品を利用していくために準備を進めていると報告しています。現在リップルは、着々とネットワークを拡大させているのです。

 

この講演で紹介された提携企業は、政府の中央銀行、世界的に有名なメガバンクなど錚々たる顔ぶれがそろっています。

 

こらの顔ぶれのなかには三菱東京UFJ銀行、住信SBIネット銀行、みずほ銀行など日本の金融機関はもちろんのこと、スペイン最大の商業銀行であるサンタンデール銀行、オーストラリアの四大市中銀行の1つであるウェストパック銀行、チューリッヒを拠点とする世界最大の金融コングロマリットであるクレディ・スイス、ロンドンを拠点とする銀行金融グループの大手スタンダードチャータード銀行など、世界的に有名な銀行や政府の中央銀行なども含まれています。

 

金融取引の正常化に貢献するリップル

 

リップル社がこれほどまでに支持されているのは、金融機関が提供するサービスのスピード化、取り引きの正確かつ迅速なトレース、コスト削減などを実現するソリューションを提供しているからです。

 

リップル社の重要なソリューションの1つに、xRapidがあります。xRapidは、リップル社の仮想通貨であるリップルを流通させるためのプラットフォームです。

 

他社の追随を許さないソリューションの構築・提供にによって提携金融企業が1週間に1社という驚異的なペースで進んでいるわけです。

 

このペースでネットワークが拡大していけば、国際通貨の流通を始め金融機関の業務において、仮想通貨の利用がスタンダードになる日が近いといえるのではないでしょうか。

 

リップル社と金融企業の連携による今後の動向に、目が離せません。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム