仮想通貨取引にはここしかない!住信SBIネット銀行とは

仮想通貨取引は住信SBIネット銀行

 

仮想通貨を購入するためには

 

仮想通貨を購入するためには、まず取引所に口座開設をして、その口座に入金します。ここで10万円入金すれば10万円分の仮想通貨が購入でき、100万円分入金すれば100万円分の仮想通貨が購入できます。

 

取引所への入金方法ですが、銀行振込、コンビニ入金、Pay-easyを使って入金、クレジットカードで購入、等の手段があります。入金方法は各取引所によって違いますが、日本にあるメジャーな取引所では、たいていどこでも銀行振込は使用可能です。

 

また、銀行振込での入金に際しては手数料が取られることがほとんどです。

 

取引所にお得に入金する方法

 

銀行から取引所への入金は手数料が取られることがほとんどですが、取引所と提携している住信SBIネット銀行を利用した場合、手数料が無料になります。

 

住信SBIネット銀行は手数料無料

 

多くの取引を予定している場合は、提携している銀行に口座を開設して振込をした方がお得になります。取引所によって提携している銀行は違いますのでちょっとまとめてみましょう。

 

ビットフライヤー 三井住友銀行,住信SBIネット銀行
ザイフ 住信SBIネット銀行
GMOコイン 楽天銀行,住信SBIネット銀行,あおぞら銀行
ビットバンク 住信SBIネット銀行
ビットポイント 住信SBIネット銀行,東京スター銀行,ゆうちょ銀行
Liquid リキッド 住信SBIネット銀行
コインチェック りそな銀行,住信SBIネット銀行

 

日本でメジャーな取引所をピックアップしたのですが、すべての取引所が住信SBIネット銀行と提携していることがわかります。口座を作るのでしたら、住信SBIネット銀行で作った方がお得になりますね。

 

住信SBIネット銀行から取引所への入金は基本的に土日祝日関係無く年中無料になっています。

 

住信SBIネット銀行は、なぜ仮想通貨取引所に強いのか

 

住信SBIネット銀行は2016年からbitFlyerに出資し、仮想通貨リップル(XRP)を発行しているリップル社とも提携し会社を設立しています。

 

日本での仮想通貨の取引拡大に尽力しようということがわかります。手数料無料も、この拡大に寄与すべく考えられたことなのだろうと思います。

 

また2018年には親会社のSBIホールディングスが仮想通貨取引所を設立しています。取引所の名前はSBIバーチャルカレンシーズといい、一部取引は開始されています。気になる方は、住信SBIネット銀行とともに、チェックしてみてはいかがでしょう。

 

関連記事

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム