ザイフのトークンとは

ザイフのトークンとは

 

ザイフのトークンは仮想通貨の一種

 

仮想通貨取引所として有名なのが「ザイフ」ですが、ザイフを運営しているテックビューロ株式会社はトークンというものを発行しています。トークンは「代用貨幣」を意味する言葉で、仮想通貨と同様、ブロックチェーン技術を利用している特徴があります。

 

ビットコインにおけるブロックチェーンに作られたカウンターパーティーを使って生まれたのがザイフのトークンです。カウンターパーティーというのはビットコインのシステムを使って新たな通貨を発行する機能であり、発行した通貨をユーザーに売ることで資金調達ができます。

 

しかし、独自のブロックチェーンではなく、ビットコインなどの既存のブロックチェーンを利用した通貨はビットコインのように決済に用いる目的というよりは「スマートコントラクト」などに用いる目的が大きいです。スマートコントラクトとは、ブロックチェーンを利用したセキュリティレベルの高い契約を意味します。

 

ザイフの資金調達に役立っている

 

トークンを発行するのは企業の資金調達方法としてメリットが大きいです。なぜかというと、たとえば現在の企業は株式で資金調達することが多いですが、株式を発行するには上場しなければなりません。上場するには審査に通る必要があり、どうしてもある程度の期間がかかります。しかし、トークンなら審査もなく自由に発行でき、しかも株式のようにさまざまな人に買ってもらうことができるわけです。

 

ザイフは2016年の春ごろにトークンを発行しています。そのころはまだトークンどころかビットコインのような仮想通貨ですら有名というほどではなかった時代なので、かなりザイフはトークンへの参入が早かったのです。そしてその後、仮想通貨の知名度が高まり、ザイフのトークンも一緒に大きな成長を見せています。そのため、ザイフのトークンは非常に将来性が期待されているトークンといえるのです。

 

ザイフの今後の動向に注目

 

ザイフのトークンがこれからも成長し続けるかはザイフの動向を見ることで予想することができます。たとえば、ザイフはテレビ番組を作ったり、電子トレーディングカードにトークンを利用したりとさまざまな活動を積極的に行っています。そういった活動が実を結べば、トークンの相場が上昇します。

 

それからテックビューロ代表の朝山貴生氏の発言にも注目することが大切です。朝山貴生氏はネットを通してさまざまな情報発信を行っているので、発信する情報の内容によってはザイフのトークンの相場変動に繋がる可能性が高いです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム