SBIバーチャルカレンシーズが新規口座開設をスタート

SBIバーチャルカレンシーズ

 

SBIバーチャルカレンシーズの新規口座開設スタートで申し込みが殺到

 

SBIバーチャルカレンシーズと言われてもピンと来ない方もいるかもしれませんが、SBIバーチャルカレンシーズというのはあの大手証券会社であるSBIホールディングスの子会社になります。そのSBIバーチャルカレンシーズが運営する仮想通貨取引所が「VCTRADE(VCトレード)」です。

 

SBIバーチャルカレンシーズは昨年2017年から動きがあったのですが、2018年7月17日に新規口座開設をスタートしました。もともと注目されていたSBIバーチャルカレンシーズですので、これを待ち望んでいた方も多いでしょう。

 

予想通りとも当たり前とも言えるのですが、やはり新規口座開設スタートということで、申し込みが殺到しているようです。通常、新規口座開設というのはそう時間のかかるものではないのですが、注目度の高いSBIバーチャルカレンシーズということで今から申し込みをする方は時間がかかるものと思っておいたほうがいいでしょう。

 

実際に、SBIバーチャルカレンシーズの公式ホームページでも「通常よりも手続きに時間がかかる場合がございます」と案内を出しています。ただ、それだけ待ち望んでいた方が多いということでもあります。

 

SBIバーチャルカレンシーズが注目されている理由

 

仮想通貨というのはどんどん世の中に浸透していって拡大している印象がありますが、専門家からすると日本での仮想通貨というのはやや停滞気味となっているそうです。その現状を打破してくれるのがSBIバーチャルカレンシーズだとも言われています。

 

というのも、先でもお話ししましたようにSBIバーチャルカレンシーズというのはあの有名なSBIホールディングスの子会社です。SBIホールディングスは数々の事業を展開していますし、それぞれの事業でかなりの顧客を抱えています。

 

つまり、SBIホールディングスの子会社であるSBIバーチャルカレンシーズにはSBIグループの顧客がそのまま流れ込んでくる可能性が高いのです。既存の事業との連携といったものもしやすいでしょうし、仮想通貨の業界において一気に存在感を放つ可能性があるのです。

 

それに加えて、手数料の安さや堅牢なセキュリティなどを有していますので、言ってしまえば注目されないわけがないのです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ホーム